文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域通信員“発”南区トレジャーハンティング

10/15

新潟県新潟市南区

南区トレジャーハンティングは、住民の皆さんが南区役所だよりの記者となって地域の自慢のお宝を紹介するコーナーです。

◆小林地区の『ヒヨクヒバ』

小林地区の「ヒヨクヒバ」は高さ17m、幹の外周は3m以上を誇る大木で、平成9年には旧白根市の名木に指定されました。
慶長から元和にかけての江戸時代初頭から、自然堤防上に平潟などの集落が開発されてきましたが、「ヒヨクヒバ」は所有者である吉田忠作氏の祖先・吉田助右エ門が、この頃魔除けとして玄関前に植えたものといわれています。
県道新津・茨曽根・燕線の沿線では最大の巨木で、樹齢が350年を超えた現在も樹勢は少しも衰えることがありません。堂々と四方に広げた枝ぶりを真下から見上げると、体中にこの木の発する命のエネルギーを感じることができます。

会場:平潟769番地

小林地区地域通信員 山崎 新一さん

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU