文字サイズ
自治体の皆さまへ

災害時にも役に立つ!パッククッキング

11/21

新潟県新潟市秋葉区

ポリ袋に食材を入れて湯せんするだけで、誰でも簡単に温かい食事を少量から作ることができる調理法です。アウトドアや万が一の災害時でも大活躍!ご家庭でもぜひ試してみてください。

◆基本の作り方(メニューに関係なく同じ調理手順です)
(1)材料を用意
(2)材料を袋に入れてよく混ぜる
(3)袋の空気を抜き、上の方でしっかり結ぶ[袋をねじると空気がうまく抜けます]
(4)沸騰した鍋に入れ加熱する[お皿を下に敷くと袋が溶けるのを防げます]
(5)袋のまま盛り付けができるため、お皿が汚れません!

◆必要な道具
・卓上コンロ
・ガスボンベ
・鍋
・ポリ袋(120度耐熱のもの)

◆ごはん
▽材料(1人分)
米……60g(0.4合)
水……90cc
(水の分量を多くすればおかゆになります)

▽作り方
(1)米をポリ袋に入れ、少しの水で軽くもみ洗いして水を捨てる
(2)(1)に分量の水を入れ、空気を抜いて口を結ぶ
(3)沸騰した鍋に(2)を入れて約20分加熱し、火を止めてそのまま10分ほど蒸らす

◆ソーセージのラタトゥイユ
▽材料(1人分)
大豆水煮……20g
玉ねぎ………25g
ソーセージ…20g
トマト缶……50g
コンソメ……1/4個
こしょう……少々
ケチャップ…大さじ1/4
パセリ………少々

▽作り方
(1)玉ねぎはくし切り、ソーセージは斜め切りにする
(2)ポリ袋に(1)と大豆水煮、トマト缶、調味料を入れて全体をなじませ、空気を抜いて口を結ぶ
(3)沸騰した鍋に(2)を入れて約20分加熱し、取り出す。最後にパセリを散らす

問合せ:健康福祉課健康増進係
(【電話】25-5686)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU