ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

【みなとまち新潟】歴史探訪(26)

8/24

新潟県新潟市

■川でつながる新潟の産物~梨の話

新潟市域には多くの梨の産地があります。最も早く栽培が始まったのは享保年間(1716~1736)の茨曽根(いばらそね)(南区)といわれています(「新潟県園芸要鑑」)。現在新潟の代表的な特産物で、かつて「幻の洋梨」と呼ばれた「ルレクチエ」の栽培も、この地で明治後期に始まりました。
梨の産地は文化年間(1804~1818)までに月潟・大郷(だいごう)・新飯田(南区)、二本木・両川・茅野山(江南区)、木崎(北区)などに広がり、信濃川・中ノ口川・小阿賀野川沿いの河川敷の村々で盛んに栽培されました。新潟の梨は北前船で北海道・東北・山陰・九州地方へ売り出され、名物となりました。
幕末ごろ、信濃川の中州の島だった礎町(中央区)付近には梨が多く植えられ、「梨島」と呼ばれました。安政6(1859)年、ロシアのジギット号の船員は新潟町で梨を2貫(7.5kg)買って船に積み込みました。慶応3(1867)年のイギリス船サーペント号の来港時にも、新潟奉行所の役人たちは梨で乗組員を接待しました。今も昔も梨は紛れもない新潟の特産品なのです。

問合せ:歴史文化課
【電話】025-226-2584

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU