文字サイズ
自治体の皆さまへ

[連載]新潟市への進出企業を紹介 ニイガタで始める。(3)

8/30

新潟県新潟市

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都)
クオリティマネジメント本部
中島 佑基(ゆうき)さん

◆必要な人に必要な広告を
同社はデジタル広告に関わる事業を展開している会社です。新潟オフィスでは主に、ユーザーが検索した言葉に関連する広告を表示させる「運用型広告」のサポート業務を担当しています。
「新潟は大学や教育機関が多く、さらに堅実で芯があり懐の深い県民性もあり、優秀な人材と出会える場所です」と中島さん。東京とのアクセスの良さ、食文化や住環境の豊かさなども新潟にオフィスを構える理由になったそうです。

◆新潟をデジタル広告の拠点へ
中島さんは中途採用で同社に入社。福島県出身で、大学から前職までは関東で暮らしており、現在初めての新潟生活を満喫しています。「新潟はとても住みやすいです。季節の変化を感じられるところが一番の魅力ですね」
中島さんの目標は、新潟オフィスを営業や開発などの業務もできる、大きな拠点にすること。「新潟の特産品をデジタル広告で全国に発信することができたらいいなと思います」と笑顔で話してくれました。

同オフィス所在地:中央区上大川前通6
同オフィス設立:2019年2月
同オフィス従業員数:129人(今年9月時点)

問合せ:企業誘致課
(【電話】025-226-1689)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU