文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3(2021)年度 重点施策(一部抜粋)(3)

5/44

新潟県柏崎市

■産業振興
●新規事業
▽市街地に出没する有害鳥獣への対策 287万円
市街地へ出没する有害鳥獣の捕獲およびパトロールを行うとともに、農地以外に設置する防護柵などにかかる費用を補助し、市民生活の安全確保を図ります。

▽園芸機械の導入・整備を支援 1,036万円
生産効率の向上による園芸産地の拡大を図るため、園芸作物の生産に必要な機械の整備費用を補助します。

▽かしわざ“木”の力を発信 350万円
柏崎産木材で製作したベンチ・掲示ボードを市内の保育園・幼稚園に配布して、木の魅力の再認識を促すとともに、木材製品の利用増加により、林業従事者の活性化につなげ、森林整備を促進します。また、地元産木材を活用した新たな地場産品を創出します。

●拡充事業
▽柏崎産米のブランド力を強化 1,507万円
柏崎産ブランド米「米山プリンセス」に取り組む農業者に、土づくり・機械機器などの整備に要する経費を補助するとともに、ブランド力向上のためのPR活動などを強化し、付加価値を高め、有利販売による農業者の所得向上を図ります。

▽有害鳥獣による農業被害への対策 776万円
有害鳥獣による農業被害防止およびその軽減を図るため、柏崎市有害鳥獣被害対策協議会が実施する捕獲事業や定期パトロールなどを強化します。また、わな猟免許を取得する際の支援による担い手の確保に努めるとともに、電気柵設置費用の補助を拡大して支援します。

▽柏崎産ヒゲソリダイの養殖事業化を支援 186万円
養殖ヒゲソリダイの認知度を高めるため、試食会を兼ねた講演会を開催するとともに、養殖の実現に向け、現在検証している試験的な取り組みに対して、飼料、飼育資材の支援を行います。

▽事業承継の支援 126万円
事業承継の重要性をセミナーなどを通して周知・普及するとともに、事業承継を行う事業者に、司法書士などへ支払う費用の一部を補助し、事業承継を推進します。

▽製造事業者のデジタルトランスフォーメーションの促進 1,098万円
IoTやAIなどのデジタル技術の導入や企業内デジタル人材の育成により、ものづくり産業の生産性向上や人材不足などの課題解決に取り組みます。

▽観光産業の高度化 600万円
三庭園(松雲山荘、秋幸苑(飯塚邸)、貞観園)に食・文化を組み合わせたプレミアムツアーを柱として展開する市独自の観光キャンペーンや、意欲ある観光事業者・団体などが取り組む体験型・滞在型の観光商品開発を支援し、観光産業の高度化を目指します。

●継続事業
▽森林整備を支援 1,392万円
経営管理権集積計画を作成するため、森林の所有者に対し、意向調査を行います。また、柏崎地域森林組合が森林の施業を予定する林道や作業道の安全な通行確保のため、維持管理と補修工事を行います。

▽ものづくり産業の高付加価値化を促進 4,165万円
設備投資に対する固定資産税の減免や各種奨励金の交付を行い、基幹産業であるものづくり産業の生産性向上を支援します。また、知的財産権や国際規格認証取得、新技術・新製品の研究開発を支援し、企業ブランドの向上と高付加価値化を図ります。

▽情報産業振興の取り組み 1,256万円
情報政策官による経営相談や高度IT人材の育成、IT商品の開発を支援します。また、イノベーションや異業種交流の促進が期待される拠点施設を支援し、市の情報産業売上規模70億円の実現を目指します。

▽創業の支援 619万円
個別創業相談や、創業塾「柏崎・社長のたまご塾」を実施して、市民の創業意欲を高めます。併せて、創業時の広告宣伝費や事業所の改装費用、家賃などへの補助を行い、創業しやすい環境を整えます。

▽廃炉産業創出の取り組み 135万円
原子力発電所の長期にわたる廃炉工程を新たな産業の創出に結び付けるため、産官学で構成する勉強会で調査研究を行います。

▽海の魅力を発信 1,550万円
番神自然水族館やみなとまち海浜公園アウトドアエリア、柏崎港観光交流センター「夕海」など新たな柏崎の海の魅力を積極的に発信し、関係機関と連携しながら、海水浴シーズン以外の観光誘客を図ります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU