ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費者だより 冬場に多くなる、高齢者の入浴中の事故にご注意!

4/25

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

家庭内で起こる不慮の事故のうち、入浴中の事故は年代が上がるにつれて増加傾向にあります。事故が起きると重症化することが多く、死亡事故に発展するケースもあります。寒くなる季節、ご本人や周りのご家族の方が、入浴中の事故を予防する対策が必要です。

対策1:入浴前に脱衣所や浴室を温めておく
温かい部屋から寒い脱衣所や浴室に入ったり、寒い浴室で湯船につかると、血圧が急激に変動して心臓に負担がかかります。入浴前に暖房器具で脱衣所を暖めたり、シャワーを使用して浴室内に蒸気を立てたり、浴槽のふたを外して室温を上げたりして、血圧の急激な変動を防ぎましょう。

対策2:お湯の温度や入浴時間・方法に気を付ける
急激な血圧の変動を防ぐため、お湯の温度はあまり熱くならないようにしましょう。また、お湯につかる時間は10分を目途にし、長時間の入浴は避けましょう。浴槽から出る際も、急激に立ち上がると貧血状態になり、一過性の意識障害を起こすことがあります。浴槽から出るときは手すりなどにつかまり、ゆっくり立ち上がりましょう。

対策3:食後や飲酒後すぐの入浴、精神安定剤や睡眠薬などの服用後の入浴は避ける
高齢者は食後に血圧が下がりすぎる「食後低血圧」になることがあります。その状態で入浴すると血圧が急激に変動するため危険です。また、飲酒や薬の服用後は、浴槽の中で眠ってしまったり、浴室内で転んでしまったり、事故につながる危険があります。

対策4:入浴前に家族に声をかけてから入浴する
入浴中の事故は持病のある人に限らず、誰にでも起こり得ることです。家族に声をかけておくことで見守ってもらいましょう。また、家族の方なども入浴開始時間を覚えておいたり、声をかけたり、見守りを心がけましょう。

入浴は、体を温めることで血行を促進し、リラックス効果も期待できます。安全に配慮しながら、寒い冬を乗り切りましょう。

問合せ:消費生活センター
【電話】5211-4314

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU