ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地方との身近なつながり

2/21

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

区は、グルメフェアやマルシェ、森林整備事業など、さまざまな分野で地方の自治体との連携事業を実施してきました。また、協力関係をより一層深めていくための方針を定め、連携内容をカタチに残すために協定の締結も進めています。
毎年、群馬県嬬恋(つまごい)村から合計80トンもの雪を運んでいただいて実施する雪だるまフェア、恒例の秋田県五城目(ごじょうめ)町との野球交流など、姉妹提携に基づく交流事業も盛んに行われています。皆さんも区の事業に参加することで、連携自治体とのつながりを感じられるかもしれません。

■協力しよう!新しい「パートナー」 4つの自治体と連携協定を締結、幅広い分野で協力関係を促進
区は、令和2年2月に岐阜県高山市、岩手県大槌(おおづち)町、静岡県西伊豆町、新潟県糸魚川(いといがわ)市の4自治体と新たに「相互発展に向けた連携協定」を締結しました。
協定以前から高山市とは森林整備事業、大槌町・西伊豆町・糸魚川市とはグルメフェア事業などを協力して実施していました。これらの協力内容を明文化し、連携を深めていくことで、より幅広い取り組みを区民の皆さんへお届けできるようになります。
また、自治体間で普段からつながりを持っていることは、災害時のスムーズな相互支援の準備にもなります。すでに姉妹提携を締結している群馬県嬬恋村・秋田県五城目町と同様に、いざというときに助け合えるパートナーの関係を築いていきます。
区内で連携自治体の文字を見かけたら、ぜひ皆さんも応援してください!

・ちよだ・たかやまの森/高山市
・いくら/大槌町
・スルメイカ/西伊豆町
・甘えび/糸魚川市

■〔コラム〕姉妹提携先 嬬恋村と五城目町
区は、嬬恋村と平成30年に、五城目町と令和元年に、姉妹提携30周年を迎えました。今後ますます連携を深めようと活動を進める最中、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、児童交流や夏まつりなど、互いの地を行き来することが難しくなりました。今はこのような直接の交流はできませんが、この困難な状況を支え合い、乗り越えていければと思います。

◇群馬県嬬恋村
嬬恋村では、6月中旬頃から名産キャベツの出荷の時期を迎えます。例年であれば、キャベツ畑のまっただ中を走る、嬬恋高原キャベツマラソンが開催される頃ですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止でした。アップダウンの激しいコースもありますが、自然豊かな嬬恋村で雄大な景色を見ながら爽やかに走れるよう、次回開催へのエントリーに向けて準備を進めてみてはいかがでしょうか。

◇秋田県五城目町
五城目町では、毎月2・5・7・0のつく日に、五城目朝市が開催されています。500年以上の歴史をもつ露店市で、野菜や魚、果物やお菓子に加えて、旬の食材が販売されています。朝市開催日の日曜日には、「五城目朝市plus」=「朝ぷら」を開催し、伝統の朝市の未来を切り開く場として、若者の出店や新たなチャレンジに活用されています(休止していた「朝ぷら」は7月12日から再開予定)。五城目朝市は、コロナに負けず、町に活力を与え続けています。

■飲食店応援プロジェクト「#ごちそうちよだ」を付けて投稿しよう!
千代田区で食べたおいしい料理、おすすめのデリバリーメニューなどをSNSに投稿してみませんか。たくさんの方に広めて、飲食店を応援しましょう!

参加方法:
(1)区内飲食店のメニュー、テイクアウト・デリバリーの料理写真を撮ります。
飲食店の方は、お店自慢の料理写真を撮ってください。
(2)ハッシュタグ「#ごちそうちよだ」を付けて、お店への応援メッセージなどをフェイスブックやツイッター、インスタグラムに投稿します。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
【HP】https://gochisou-chiyoda.net

問合せ:千代田区観光協会
【電話】3556-0391

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU