ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ

10/23

東京都品川区

■中小企業センター工事に伴う貸し室一部利用休止のお知らせ

※貸し出し可能期間も騒音・振動・ほこりなどが発生する場合や通行・立ち入りできない場所があります。
問合せ:商業・ものづくり課管理係(【電話】5498-6335【FAX】3787-7961)

■第七期介護保険制度推進委員会の委員を募集します
介護保険制度を円滑に運営するための「品川区介護保険制度推進委員会」の委員を募集します。
任期:7月~33年6月(3年間)
対象・定員:区内在住で、40歳以上の方4人程度(選考)
※委員会への出席は年2~5回程度です。
申込み・問合せ:5月25日(金)(必着)までに、高齢者福祉課と地域センターで配布する申込用紙を同課支援調整係(〒140-8715品川区役所本庁舎3階【電話】5742-6728【FAX】5742-6881)へ郵送か持参
※申込用紙は区ホームページからダウンロードもできます。

■商店街おもてなし店調査隊員を募集します
外国人の方に対しておもてなしに積極的に取り組むお店を探す調査員を募集します。
調査期間:6月上旬~8月下旬(予定)
※具体的な日時は応相談。
内各種団体・学生・一般消費者などで構成する調査隊が、外国人の方に対しておもてなしに積極的に取り組むお店を実際に訪問し、調査・発掘を行う※活動内容など詳しくはお問い合わせください。
説明会:6月5日(火)、7月3日(火)、8月28日(火)の午後1時~3時(全3回)
対象・定員:区内在住で、説明会に全日参加できる18歳以上の方20人程度(抽選)
申込み:5月21日(月)(消印有効)までに、はがきかFax、Eメールで住所、氏名、年齢、性別、電話番号、職業を品川区商店街連合会(〒141-0033西品川1-28-3中小企業センター4階【FAX】5498-5933【E-mail】kushoren@shinagawa.or.jp)へ
問合せ:同連合会【電話】5498-5931商業・ものづくり課商店街支援係(【電話】5498-6332【FAX】3787-7961)

■障害がある方に自動車関係の助成をします
●福祉車両の購入・改造費の助成
車いすで容易に乗れる自動車の購入・改造費用の一部を助成します。
対象:身体障害者手帳を持ち、常時車いすを使用する方
助成金額:車両購入費助成=300,000円車両改造費助成=150,000円
●自動車改造費の助成
重度の身体障害者が自ら運転するために自動車の改造が必要な場合に要する費用の一部を助成します。
対象:上肢・下肢・体幹機能障害1級か2級の方
助成金額:所得により133,900円か66,950円
●自動車運転免許取得費の補助
障害者が自動車運転免許を取得するときに要する費用の一部を助成します。
対象:身体障害者手帳3級以上(内部障害者は4級以上、下肢・体幹機能障害は5級以上)か愛の手帳をお持ちの方
助成金額:所得により164,800円か144,200円か123,600円
※所得制限など条件があります。詳しくはお問い合わせください。
問合せ:障害者福祉課障害者福祉係(本庁舎3階【電話】5742-6707【FAX】3775-2000)

■5月12日は「民生委員・児童委員の日」です
大正6年5月12日に民生委員制度の源といわれる岡山県済世顧問設置規程が公布されたことにより、全国的に「民生委員・児童委員の日」と定められました。
東京都の民生委員制度の始祖である救済委員制度の発足から、今年で100年を迎えます。これからも住民に寄り添い、安全で安心な福祉のまちづくりをめざして、関係機関と連携しながら活動していきます。
※本紙5月21日号に民生委員特集を掲載します。
問合せ:福祉計画課民生委員担当(【電話】5742-6708【FAX】5742-6797)

■平成30年工業統計調査にご協力ください
我が国の工業の実態を明らかにし、地域産業施策など、国や地方公共団体の行政施策の基礎資料を得ることを目的として、工業統計調査を実施します。
調査期日:6月1日(金)調査対象:製造業に属する事業所
調査方法:5月中旬から統計調査員が訪問し聞き取り調査のうえ、従業員4人以上の事業所には調査票を配布・回収
※インターネットによる回答も可。
調査内容:従業者数、現金給与総額、製造品出荷額、主要原材料名及び作業工程など
調査機関:経済産業省、東京都、品川区
問合せ:地域活動課統計係(【電話】5742-6869【FAX】5742-6750)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU