文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域と共に 〜多摩市消防団〜

5/45

東京都多摩市

■消防団員募集中!
消防団員は普段、仕事・学業などをしながら、火災などの災害現場だけでなく、地域の防災訓練や夏祭りなどのさまざまな場面でも活動する、地域密着型の非常勤特別職の地方公務員です。
入団希望の方はもちろん、消防団に興味がある方などは、お気軽にお問い合わせください。
対象:18歳~55歳未満の市内在住・在勤・在学者(男女不問)
待遇:公務災害補償、制服・活動服など貸与、出場報酬、退職報償金など、表彰制度、学生消防団員活動認証制度、資格取得支援制度(防災士・小型移動式クレーン運転技能講習・玉掛け技能講習・準中型自動車免許)

■多摩市50周年物語 多摩市消防団 吉沼叔孝物語
消防団というコミュニティについて、熱い思いで話しています!
この動画は、令和3年11月に市制施行50周年記念事業で作成された動画です。

■INTERVIEW 消防団員へインタビューしました!
・高野優希さん
入団3年目30歳(第9分団団員)
・杉田晃一さん
入団7年目34歳(第9分団班長)

▽消防団を知ったきっかけ、入団するに至った経緯は何ですか?
高野さん:「幼少期から父が消防団の一員として活動している姿を見ていたため、とても身近な存在でした。団員の方が消防活動や地域活動に貢献している姿を見て私もその一員になりたいと思い入団しました」

▽消防団ではどのような活動をしていますか?
高野さん:「火災や警報級の自然災害が発生した際に出動し、活動にあたります。その備えとして、定期的な訓練やポンプ車などの手入れを行っています。また、出初式やポンプ操法大会にも参加しています」

▽消防団に入ってご自身に何か変化はありましたか?
高野さん:「日々の防災意識は入団前より高まったと思います。また、有事の際に地域住民のために行動しなければという責任感が増しました」

▽消防活動のやりがい・魅力を教えてください
高野さん:「所属している第9分団の方だけでなく、管轄地域にお住まいの方や他の分団に所属されている団員の方など、消防団に入らなければつながらなかった方々と交流することができることです」

▽入団を考えている方たちへメッセージを!
高野さん:「消防団活動は、大変な場面もありますが、それ以上にとてもやりがいを感じます。団員全員がワンチームで消防活動だけでなく、さまざまな場面で助け合っています。必ず入団して良かったと思えるので、ぜひ入団していただいて一緒に活動してみませんか!」

▽仕事との両立、家庭との両立はできていますか?
杉田さん:「勤務先の理解が深く、仕事の都合がつくときは日中の火災出場にも快く送り出してくれます。
土・日曜日の活動もそれほど多くないですし、午前中のみの活動もあり、プライベートや家庭も両立できます」

▽消防活動のやりがい・魅力を教えてください
杉田さん:「陸上競技場で開催されたポンプ操法大会に選手の一員として訓練に励み、優勝したことです。日々の訓練が地域や家族を守ることにつながり、このような結果をチームとして成し遂げたことをとても誇らしく思います」

▽入団を考えている方たちへメッセージを!
杉田さん:「消防団には私より若い方から、父と同世代までさまざまな年代の方々が在籍し、お互い協力しながら楽しく活動しています。地域を大切に思う仲間とともに活動する時間は私にとってはかけがえのない貴重な時間で、これが地域の力なのだと感じます。入団前は活動内容や団の雰囲気など分からないことも多く、不安になると思いますが、まずは一歩踏み出して、消防団の仲間に飛び込んでみてはいかがでしょうか!」

問い合わせ:防災安全課
【電話】338-6802

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU