ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

《高齢者と介護者の生活を支援します》高齢者福祉サービス(2)

16/33

東京都新宿区

各サービスの右の数字(1)~(6)は担当の問い合わせ先を表しています。担当または高齢者総合相談センターにお問い合わせください(下表参照)。
(免)マークのサービスは自己負担の免除制度があります。

■介護を必要とする方とご家族を支援します
○介護の手を休めてリフレッシュしたい『介護者リフレッシュ支援事業』(3)
65歳以上で認知症または介護保険の「要介護1」以上に認定されている方に、年間(4月1日~翌年3月31日)最大24時間まで家事援助(調理・掃除等)や身体介護(通院・食事介助等)を行うヘルパーを派遣し、日常的に介護している方を支援します。
自己負担:介護保険サービスの利用者負担割合が、1割の方…1時間300円、2割の方…1時間600円、3割の方…1時間900円(免)

○一人で外出すると道に迷ってしまう『徘徊高齢者探索サービス』(3)
60歳以上で認知症による徘徊(はいかい)のある方を在宅で介護する家族に、位置情報専用端末機を貸し出し、利用料等を助成します。また、委託業者の警備員が現場に急行し、保護するサービスもあります。
自己負担:月930円。(免)
現場急行サービスは1回5,000円(実費)

○外出できず散髪に行けない『理美容サービス』(3)
65歳以上で介護保険の「要介護4・5」に認定されている方等に、年6回まで(申請月により変わります)出張調髪します。
自己負担:1回2,000円

○介護におむつが必要『高齢者おむつ費用助成』(3)
65歳以上で介護保険の「要介護1」以上に認定されている方または入院中の方で、日常的におむつを必要とする方(※)に、費用を助成します(助成は申請書を受理した月から開始)。
自己負担:助成限度額(月7,000円)内でかかった費用の約1割(免)。限度額を超える部分は自己負担
※「身体障害者手帳1・2級」「愛の手帳1・2度」の方、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設等に入所している方、介護保険料段階9以上の方は対象外です。

○介護者の病気・急な用事の際に『高齢者緊急ショートステイ』(1)(2)
介護保険の認定を受けた方で緊急の理由が認められる場合は、有料老人ホームに7日間まで滞在できます。
自己負担:1日3,000円(免)

○介護の情報が欲しい『家族介護者講座・家族会』(1)(2)
高齢者を介護している方、介護の経験がある方を対象に、介護の技術や知識を学ぶ「介護者講座」と、介護者同士の交流会として「家族会」を開催しています。開催ごとに「広報新宿」などで参加者を募集します。介護のため参加が難しい方は、デイサービス、ヘルパー派遣等の利用ができる場合があります。詳しくは、高齢者支援課高齢者相談第一係・第二係へご相談ください。

・家族会(日時等詳しくは、「広報新宿」でお知らせします。)

◆家族介護者講座「今日から始めよう自分らしい最期を迎えるための準備」
日時:7月16日(火)午後1時30分~3時
会場:区社会福祉協議会(高田馬場1-17-20)
申込み:6月7日(金)から電話かファックス(「はがき・ファックスの記入例」のとおり記入)または直接、
戸塚高齢者総合相談センターへ。
先着30名

・各サービスの担当問い合わせ先

・高齢者総合相談センター問い合わせ先
特別養護老人ホームへの入所の申請・相談や、高齢者への虐待に対する通報・相談も受け付けています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階