ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

『8月30日~9月5日は防災週間』〜防災への備えはできていますか

6/36

東京都新宿区

■災害対策のための区の支援事業等をご活用ください
◆首都直下地震に備えて 家具類の転倒防止対策を
○(調査費・取り付け費無料)家具転倒防止器具取り付け事業をご利用ください
大切な命を守るため、家具類の転倒防止対策に取り組みましょう。
対象:区内在住の方
対象の家具:たんす、戸棚・棚類、冷蔵庫、テレビ(住宅部分にある家具で、区の指定器具で取り付け可能なものに限る)
費用:次の費用は利用者負担
・器具の購入費用
・天井や壁等に補助工事が必要な場合の費用

◇家具転倒防止器具は、区が派遣する取り付け業者からも購入できます
器具代(税別)令和元年度に取り付け業者から購入する場合の価格

申込み:所定の申請書を郵送・ファックスまたは直接、
危機管理課危機管理係へ。
【住所】〒160-8484歌舞伎町1-4-1、本庁舎4階
【電話】5273-4592
【FAX】3209-4069
申請書は同係・特別出張所で配布しているほか、新宿区ホームページから取り出せます。毎月25日までに受け付けた申請書は翌月5日までに決定通知書をお送りします。後日、訪問日等を調整するため、業者から電話連絡します。

◇生活保護を受給している世帯の方・災害時要援護者名簿に登録している方へ
器具の購入費用が5点まで無料になります(1回のみ)。
災害時の避難等に支援が必要な方を事前に把握するため、本人の申し出により作成しています(登録者から優先的に救出するための名簿ではありません)。名簿への登録について詳しくは、地域福祉課福祉計画係(本庁舎2階)【電話】5273-3517へお問い合わせください。

◆がけ・擁壁改修のための支援事業の活用を
台風・集中豪雨等による、がけ・擁壁等の被害を防ぐため、日頃から、がけ・擁壁の点検・適切な維持管理が必要です。区では、安全化に向けて以下の支援事業を行っています。詳しくはお問い合わせください。
・がけ・擁壁の改修について助言や提案をするコンサルタントの派遣
・土砂災害警戒区域内のがけ・擁壁の安全化に向けてアドバイスする土砂災害アドバイザーの派遣
・がけ・擁壁の改修等を行う際の工事費の助成擁壁の亀裂や膨らみ、樹木の根などが擁壁に悪い影響を与えていないか点検を!

問合せ:建築指導課構造設備担当(本庁舎8階)
【電話】5273-3745

◆震災時の医療救護所をご存じですか
区では、大規模地震発生時、医療救護所を設置し、限られた医療スタッフや医薬品等を有効に活用します。医療救護所では、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・区職員等で構成する医療救護班がトリアージ(★)を行い、自分で歩くことができる軽症者に応急処置を行います。
★適切な治療や搬送を行うため、けがの重症度や緊急度を判断し、治療や搬送の優先順位を決めること

○医療救護所と病院の役割
医療救護所…軽症者の応急処置
病院…重症者等の収容・治療
※意識障害や大量出血などの緊急を要する場合は直接、病院へ搬送してください。

○医療救護所一覧(10か所)
被災してけがをした際は、一番近い医療救護所(下表)へ行きましょう。

問合せ:健康政策課健康企画係(第2分庁舎分館1階)
【電話】5273-3024

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU