ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(2)

5/35

東京都港区 ホームページ利用規約等

■新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪が増えています
新型コロナウイルス感染症への不安感につけこむ、卑劣な犯罪が全国的に発生しています。

□詐欺の事例
(1)役所の職員を名乗り「新型コロナウイルス給付金が支給されます。」との電話を受け、口座番号や暗証番号、家族構成を聞かれた。
(2)空調機メーカーの子会社を名乗る者から「新型コロナウイルスを除菌するエアコンガスができました。」「エアコンガスを交換すれば安心して生活できる。」と電話を受けた。
(3)電力会社を名乗る者から「コロナの緊急対策で1カ月間の電気料金が無料になります。書類にハンコを押してもらわないと無料になりません。話だけでも聞いてください。」と電話を受けた。
(4)浄水器のセールスの電話を受け、「その浄水器を使っていると必ずコロナウイルスにかかります。」と言われ、浄水器の買い替えを迫られた。
(5)新薬の開発名目で、製品会社を名乗って資料を送付し、電話で社債の購入を促したり、「あなたの名義で購入した。」と言って強引に費用を請求された。

□留守番中の子供の安全対策
学校等が休校になり、自宅で留守番をしている子どもが泥棒と鉢合わせしたという事例が発生しています。
留守番中のお子さんの安全を確保するため、戸締まりを確実にしていただき、時折、お子さんの様子の確認をしてください。

□テレワーク時におけるセキュリティ対策
在宅勤務(テレワーク)で仕事をする人が増えています。
テレワークでの勤務は、勤務先のシステム等へ外部からアクセスすることから、勤務先は不正アクセスされるリスクが高まります。
セキュリティ対策を怠ると、重要なデータが流出し、事業の存続に係る重大な損害を被るケースがあります。セキュリティ対策を万全にし、情報や資産を守りましょう。

□皆さんへのお願い
区では現在、こうした事例の発生の情報は把握していません。しかし、今後同様の事例が起こる恐れが十分にあります。
電話やメールで新型コロナウイルス感染症対策の話や、新型コロナウイルス感染症に関する投資や融資等のお金の話を持ちかけられたら、まずは冷静になって、すぐ行動しないようにしましょう。行動する前に区や警察に相談しましょう。

問い合わせ:防災課生活安全推進担当
【電話】3578-2272

■新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急雇用対策を実施します
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、急速に悪化した経済・雇用情勢の影響を受け、会計年度任用職員の募集を行います。
対象:区内在住・在学・在勤(令和2年2月1日現在区内に在勤していた人に限る)している人のうち、以下のいずれかに該当する人
・企業等から採用内定を取り消された人
・会社都合によって離職(倒産等を含む)し、現に就職していない人
・会社都合によって一時的に勤務できなくなった人
募集人数:30人
募集職種:一般事務補助員(データ入力、電話対応、資料作成等)、一般作業補助員(清掃収集作業)
任用期間:採用後~令和3年3月31日
勤務日:数週5日(土日・祝を除く)※週4日以下は要相談
勤務時間:1日7時間
勤務地:区内のいずれか
選考方法:書類選考および面接
報酬時給:1101円(一般事務補助員の場合)、日給8616円(一般作業補助員の場合)
※期末手当・交通費(上限55,000円)支給
※健康保険、厚生年金保険等の加入適用
申込方法:郵送で、6月30日(火・必着)までに、以下の書類を同封の上、封筒表面に「緊急雇用申込」と朱書きし、人事課人事係へ。
必要書類:
・履歴書
・採用取消または離職したことが分かる書類
※採用取消の場合、内定通知および採用取消になったことが分かる書類等
※離職の場合、離職票および会社都合で離職したことが分かる書類等

送付先・問い合わせ:
〒105-8511 港区役所人事課人事係
【電話】3578-2108

■「港区新型コロナこころのサポートダイヤル」を開設しました
みなと保健所では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、さまざまな取り組みを実施しています。4月末からは、心の不調について相談できる心の相談窓口を、みなと保健所に新たに開設しました。
1月中旬に国内1例目の新型コロナウイルス感染症患者が発生して以降、数カ月が経過し、区民の皆さんから新型コロナウイルス感染症の感染拡大に起因するストレスや不眠等の相談がみなと保健所に多く寄せられています。

□相談内容の例
・感染に対する不安・焦燥感
病院に行けない、外に出るのが怖い、歩いている人が感染者に見える等
・報道に基づく疲労感
新型コロナウイルスの怖い映像や情報で不安、専門家の言うことが怖くて眠れない等
・今後の生活についての不安
新型コロナウイルス感染症のことを考えると不安が募る、家に居続けると憂うつになる等

□一人で抱えこまず、つらい気持ちをお話しください
「港区新型コロナこころのサポートダイヤル」では、精神保健福祉士や臨床心理士等の専門職が、新型コロナウイルスに起因する精神的な不安等の相談をお受けします。また、必要な人には継続的に支援ができるよう、関係機関へおつなぎしています。

・港区新型コロナこころのサポートダイヤル
対象:区内在住・区内在勤・在学者
日時:平日(月~金)の午前9時~午後5時【電話】5333-3808
実施期間:7月末まで ※8月以降は感染状況等を見極めて継続を検討します。

問い合わせ:健康推進課地域保健係
【電話】6400-0084【FAX】3455-4460

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU