ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(3)

3/36

東京都港区 ホームページ利用規約等

■12月31日投函(かん)分まで、郵送申請する際の郵送料を区が負担します
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送可能な手続きに要する郵送料を区が負担します。
一定期間、郵送料を無料とすることで、窓口の混雑緩和につなげます。

□主な対象手続き
・各種証明書(住民票、戸籍に関する証明、特別区民税課税・納税証明書)の請求
・各種補助金交付申請・実績報告
・国民健康保険料、介護保険料等の減額・減免申請
・融資あっせんに関するもの
※以上の4項目以外にも対象となる場合がありますので、各種手続きの担当窓口にお問い合わせください。

□手続きの概要
区民等が発送する区宛ての各種手続きに係る郵便物の郵送料は、料金受取人払いの方法によって、区が郵送料を負担します。
港区ホームページに、料金受取人払い用の様式を掲載しています。様式を印刷して、封筒に貼付することで、切手を貼らずに区に郵便物を郵送することができます。
実施期間:12月31日(木)投函分まで
詳しくは、港区ホームページをご覧ください。

問い合わせ:企画課区役所改革担当
【電話】3578-2622

■申請期限のお知らせ特別定額給付金(1人につき10万円の給付金)の申請期限は、8月25日(火)です
特別定額給付金の申請期限が近づいています。期限までに申請が無かった場合、給付ができません。給付を希望する人は必ず期限までに申請してください。申請方法は、郵送とインターネットによる手続きの2つです。

□申請書の再発行
次のような場合には申請書の再発行を行っています。
・申請書が届かない、紛失した
・住民票上の住所とは異なる住所に送付を希望する等
※再発行の手続きは、郵送または臨時窓口で受け付けています。詳しくは、お問い合わせください。

□臨時窓口を開設しています
下表の臨時窓口において、申請書の再発行手続きやお持ちいただいた申請書の内容確認、記入方法の補助を行っています。お持ちいただいた申請書に不備等が無い場合、申請書を受け付けることとしました。

【臨時窓口設置場所】

□開設時間
午前8時30分~午後5時※土・日曜、祝日を除く。

□給付予定日
区が申請を受理してからおおむね1カ月後となります。申請に不備がある場合には、時間がかかります(提出書類の同封漏れ、口座情報の誤りが非常に多くなっています)。提出前に今一度、ご確認をお願いします。

□留意事項
引っ越し等で住所変更の手続きを行った日付によっては、港区以外の区市町村で給付対象となる場合があります。給付金の申請期限は区市町村ごとに異なります。申請がお済みでない人は、早めに企画課特別定額給付金担当へお問い合わせください。

問い合わせ:
港区特別定額給付金コールセンター【電話】6730-9401
・申請書の再発行について
企画課特別定額給付金担当【電話】3578-2571

■国民健康保険加入世帯、介護保険第1号被保険者(65歳以上)、後期高齢者医療制度被保険者の保険料の減免について
新型コロナウイルス感染症の影響によって収入が下がった国民健康保険加入世帯や介護保険第1号被保険者(65歳以上)、後期高齢者医療制度の被保険者に対し、令和2年2月1日~令和3年3月31日の保険料が減免される場合があります。減免に関する手続きや減免される割合等は、港区ホームページをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。

問い合わせ:
・国民健康保険料について
国保年金課資格保険料係【電話】内線2574・5
・介護保険料について
介護保険課介護収納相談担当【電話】3578-2896
・後期高齢者医療保険料について
東京都後期高齢者医療広域連合お問合せセンター※月~金曜午前9時~午後5時(土・日曜、祝日を除く)【電話】0570-086-519
国保年金課高齢者医療係【電話】内線2654~59

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU