文字サイズ
自治体の皆さまへ

自宅で療養する人へ ~区から皆さんへのメッセージ~

9/36

東京都港区 ホームページ利用規約等

■皆さんに伝えたいこと
自宅で療養する人にぜひ行ってもらいたいことをまとめています。新型コロナウイルス感染症に感染した際の一助としてください。以下に紹介する取り組みは皆さんだけでなく、ご家族やご友人をはじめ大切な人を守ることにもつながります。

■自宅での6つのすごし方~療養者の皆さんへ~
・栄養をとり、ゆっくり休みましょう。
・他の人と会話するときはマスクをつけましょう。
・他の人となるべく別の部屋、距離をとってすごしましょう。
・部屋のゴミは袋の口をしばってから出しましょう。
・洗濯する衣類やシーツは小さくまとめておきましょう。
・シャワーや入浴は一番最後がおすすめです。先に使った場合は浴室用洗剤で洗えば大丈夫です。

■自宅療養中、体調が悪くなったときは
(1)みなと保健所【電話】3455-4461(平日:午前8時30分~午後5時15分)
(2)東京都発熱相談センター【電話】5320-4592(24時間対応)
のいずれかまで、ご連絡ください。

■自宅での6つのすごし方~療養者と同居する人へ~
※自宅療養の人と一緒に生活する人は、濃厚接触者となります。
保健所から健康観察期間についてお知らせします。
・療養する人のお世話をする人をなるべく少なくしましょう(妊婦以外で、持病のない人が理想的です)。
・療養する人と会話するときはマスクをつけましょう。
・療養する人のゴミを出した後は手を洗いましょう。
・療養する人の部屋に入ったり、お世話をした後は手洗いやアルコール消毒をしましょう。
・療養する人の食器や衣類はいつもどおりに洗って大丈夫です。終わった後に手を洗いましょう。
・療養する人をお世話している人に熱・咳等の症状が出た場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

■自宅療養中に関するよくある質問
Q1.いつから職場や学校に行けますか?

【自宅療養スケジュール】

※発熱等の症状が無い場合(無症状)も、検査日から10日を過ぎたら学校や職場に行くことができます。

Q2.学校や職場にいく前に検査は必要ですか?
既に症状がなく、体調が良い人の場合、検査は不要です。引き続き、人と会話をするときや人が集まる場所ではマスクの着用をお願いします。トイレの後や食事の前の手洗い・手指のアルコール消毒も続けてください。

Q3.有効な消毒方法はありますか?
これまでに、さまざまな方法が紹介されています。
*経済産業省「ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう」
*厚生労働省、経済産業省、消費者庁「身のまわりを清潔にしましょう。」

・洗剤に含まれる界面活性剤で新型コロナウイルスが効果的に除去できます。
・効果が確認された界面活性剤が使われている洗剤の一覧が公開されています。
・身近なものの消毒には「住宅・家具用洗剤」の使用を推奨しています。
・「住宅・家具用洗剤」が無い場合の「台所用洗剤」による代用方法が示されています。
・石けんやハンドソープを活用した丁寧な手洗いを推奨しています。
・食器や手すり、ドアノブ等の身近なものの消毒には、熱水や塩素系漂白剤、一部の洗剤等が有効であると紹介されています。
・次亜塩素酸ナトリウム液の作り方が紹介されています。

Q4.感染防止対策を動画で分かりやすく学ぶには?
区は、基本的な感染防止対策を分かりやすくまとめた研修動画を作成し、港区ホームページで「みなと新型コロナ感染症対策オンライン研修」を公開しています。ぜひご覧ください。

問い合わせ:保健予防課保健予防係
【電話】6400-0081

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU