文字サイズ
自治体の皆さまへ

年末に向けて新型コロナウイルス感染症再拡大防止にご協力を

1/30

東京都荒川区

区内における新型コロナウイルス感染症の感染者数は減少していますが、感染リスクはなくなっていません。夜間の繁華街における人出は増加しており、また、忘年会等の会食によって、マスクを外したり、大人数での飲食・飲酒で大声になり飛まつが飛びやすくなったりする等の場面が増えると、感染リスクが高まります。引き続き、以下の点に注意して、感染予防対策を行いましょう。

■感染予防対策の基本
・外出するときはマスクを正しく着用しましょう
・帰宅後、こまめに手洗いをしましょう
・室内で過ごすときは換気をしましょう
・体調が悪いと感じたときは、外出を控えましょう
・会食のときは、感染予防対策を徹底している店舗を利用し、会話中はマスクを着用しましょう。また、食器等の使い回しはせず、少人数・短時間で終了させましょう

■手洗いをしましょう
丁寧に手洗いをすることで、ウイルスを十分に減らすことができます。もう一度、手洗いの仕方を確認してみませんか。

手洗いなし
ウイルス量…約100万個

石けんで10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぐ

ウイルス量…数百個(約0.01%)

もう一度同様に手洗いをする

ウイルス量…数個(約0.0001%)

◇効果的なタイミング
感染予防のために、特に効果的な手洗いのタイミングを紹介します。
・外出から戻ったとき
・多くの人が触れる場所を触ったとき
・せき・くしゃみをしたとき
・鼻をかんだとき
・トイレを利用したとき
・料理を作るとき
・食事のとき
・家族や動物の排せつ物を取り扱ったとき
・症状のある人の看病・世話をしたとき

■正しいマスクの着け方を確認しましょう
マスクを使用する際は、正しい着用方法を守りましょう。

〇:口と鼻を覆うように着用することがポイントです。また、自分に合ったサイズを身に着けることも大切です。

×:鼻が出ていると、飛まつが飛びやすく、吸い込みやすい状態のため、感染リスクが高まります。正しく身に着けましょう。

◇マスクの捨て方
(1)ごみ箱にごみ袋をかぶせ入れ、ごみがいっぱいになる前に縛りましょう
(2)袋の外からマスク等のごみに直接触れることがないか、確認します
(3)ごみを捨てたあとは、石けんを使い、よく手を洗いましょう

問合せ:保健予防課感染症予防係
【電話】内線430

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU