ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度に加入している方へ

17/24

東京都葛飾区

8月1日(木曜日)から医療機関の窓口で支払う「一部負担金の割合」(負担割合)が変更になる方に、新しい後期被保険者証を、簡易書留・転送不要郵便で7月中旬から順次発送します(郵便局に転居届を出していても、転送されずに区役所へ返送されます)。現在お使いの後期被保険者証は、8月1日以降に同封の返信用封筒でご返送いただくか、国保年金課または区民事務所にお返しください。負担割合が変わらない方は、お手元にある後期被保険者証を引き続きお使いください。

■負担割合判定基準
◇一部負担金の割合 3割
所得区分:現役並み所得者
負担割合判定基準:同じ世帯で後期被保険者証をお持ちの方の中に、平成31年度住民税課税所得145万円以上の方がいる場合

◇一部負担金の割合 1割
所得区分:一般
負担割合判定基準:同じ世帯で後期被保険者証をお持ちの方全員が、平成31年度住民税課税所得145万円未満の場合

■一部負担金の割合が3割の方へ
平成30年中の収入額が次のいずれかに該当する方は、「基準収入額適用申請書」を提出し、認められた場合、負担割合が1割になります。
・同じ世帯に後期被保険者証をお持ちの方が1人の場合で、その方の収入額が383万円未満
ただし、383万円以上でも同じ世帯の中に70~74歳の方がいる場合は、その方と後期被保険者の合計収入額が520万円未満
・同じ世帯に後期被保険者証をお持ちの方が2人以上いる場合で、その方々の合計収入額が520万円未満
申請に必要な物:平成30年中の収入額がわかる物(確定申告書の控えなど)、印鑑、基準収入額適用申請書
申請・担当課:国保年金課(区役所3階315番)
【電話】5654-8528

■医療費が自己負担限度額までになります
◇負担割合が1割の方
申請により、医療機関窓口での自己負担額と食事療養費などが減額される「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。
申請できる方:
・世帯員全員が住民税非課税の方(区分2.)
・世帯員全員の所得額が0円の方(区分1.)

◇負担割合が3割の方
申請により、医療機関窓口での自己負担額が減額される「限度額適用認定証」を交付します。
申請できる方:
・同じ世帯の後期高齢者全員の住民税課税所得が690万円未満であり、かつ、一人でも住民税課税所得が380万円以上の方がいる(現役2.)
・同じ世帯の後期高齢者全員の住民税課税所得が380万円未満(現役1.)

◇既に認定証をお持ちの方
平成31年度の認定証の交付対象者で、負担割合の変更がない方は、申請の必要はありません。新しい認定証を区分1.・2.は7月22日から、現役1.・2.は7月24日から順次送付します。
認定証の交付対象者で、負担割合の変更がある方には、7月中に申請書を送付します。
申請方法など、詳しくはお問い合わせください。
申請・問い合わせ:国保年金課
【電話】5654-8212

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU