文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活情報 くらしのまど

6/39

東京都葛飾区

■定期購入に関するインターネットの広告に注意しましょう
インターネットでは気軽に商品を購入できますが、トラブルも多発しています。今回は特に相談の多い定期購入の事例とアドバイスを紹介します。

◇事例1
インターネット通販で「初回500円」のサプリメントを注文し、商品が届いて支払いをした後に、また同じ商品が送られてきた。業者に電話をしたが繋がらなかったので、間違いだと思い送り返した。その後、業者から定期購入代金などと書かれた請求書が届いたが無視していたところ、弁護士事務所から請求書が届いた。
◇アドバイス
低価格での販売には、定期購入が条件となっていることがあり、最低限の購入回数が定められている場合は、一方的に解約することはできません。注文する前に、契約条件を確認しましょう。
弁護士事務所から代金請求の連絡があった場合は、契約内容を業者に確認してから、弁護士事務所に連絡しましょう。業者と電話で連絡が取れない場合は、メールや書面で連絡をしてみましょう。

◇事例2
いつでも解約できると書かれていた定期購入の美容液を注文した。初回の商品が届いて試した後、解約しようと思い業者に電話をかけると、「メールで手続き方法を案内するのでメールを送るように」と自動音声で案内された。その後、メールが届いたが、やり方が分からず解約できない。
◇アドバイス
解約方法が複雑で、解約できないという相談も増えています。注文する前に、解約方法も確認しておきましょう。

通信販売にはクーリング・オフ制度がないため、表示されている返品や解約条件に従うことになります。
困った場合は、消費生活センターに相談してください。

担当課:消費生活センター
(立石5-27-1ウィメンズパル内)
【電話】03-5698-2311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU