ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

キーワードは朝ベジごはん!生活リズムを見直してみよう!

17/19

東京都足立区 クリエイティブ・コモンズ

「新型コロナウイルス感染症」の影響で自宅で過ごすことが増え、体調が優れないことはありませんか? 休みなどに昼ごろまで寝ていると、生活リズムが乱れ、疲れが取れにくくなってしまいます。休み明けなどに体がだるいと感じる方は、ぜひこの機会に見直してみましょう。

■見直したほうが良い点を3つ考えてみよう!
(1)元気な一日の始まりは早寝早起き朝ごはん!
※朝ごはんは午前8時を目標にしてみましょう
・毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きることが重要です。さらに、朝ごはんをしっかり食べることで、脳が活性化され集中力もアップします。
同じ睡眠時間でも、1時間ズレてしまうだけで、生活リズムは乱れてしまいます。

(2)野菜を一緒に食べよう!
・野菜は糖尿病予防に効果があり、普段の食事を野菜から食べることでその効果はさらに高まります。国の推奨する1日に必要な野菜量は350グラム以上なので、1食120グラム(トマト1個)を目標にしてみましょう。

(3)炭酸飲料や甘い飲み物は糖分が多いので注意!
・500ミリリットルの炭酸飲料や甘い飲み物には、角砂糖15個以上の糖分が入っていることも。こうした飲み物は血糖値を急上昇させるため、血管を傷めやすく、生活習慣病のリスクを高めます。不足しがちなカルシウムが摂れる牛乳などがオススメです。

■食育月間特別企画
クイズに答えてベジタベセットをゲット!
すべて正解した方の中から抽選で50人にベジタベセットをプレゼント。上で学んだことを活かして挑戦してみよう!

クイズ1:1日に必要な野菜量は何グラム以上でしょう?
クイズ2:食事をするときに野菜から食べると糖尿病予防に効果的。〇(まる)か×(ばつ)か?
クイズ3:区では糖尿病対策として「あだちニクタベライフ」を実施している。〇(まる)か×(ばつ)か?
タイトルのロゴを見てみると…

対象:区内在住・在勤・在学の方
申込:区のホームページから専用フォームに入力・住所(区内在勤・在学の方は、勤務先・学校名)、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号、クイズの答えをへハガキで送付
期限:7月10日(金)必着
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

■全部まとめてプレゼント
・ベジタベセット(50人)
・サポートブック
ごはん・みそ汁の作り方から時短レシピまで。健康づくりをサポートする便利なリーフレット
・エコバッグ
7月1日からレジ袋が有料化されます。この機会にぜひゲットしよう!
前より丈夫になりました
・クリアファイル
1日に必要な野菜量がすぐ分かるファイル
・ベジレシピ集
普段の食事にもう一品!
そんなときに便利な28種と、市販食品を簡単にヘルシーにアレンジする方法8種

350品以上のレシピをクックパッドの「東京あだち食堂」で公開中!

申込み・問合せ:こころとからだの健康づくり課 健康づくり係
【電話】03-3880-5433

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU