文字サイズ
自治体の皆さまへ

市からのお知らせ(税)_1

14/46

栃木県大田原市

■市税などの納付には口座振替が便利です
市では市税などの口座振替による納付をお勧めしています。口座振替の手続きをすると、登録完了後は、指定の預貯金口座から納期毎に自動で納期限日に振替納付され、とても便利です。

◇口座振替できる税金など(収納対策課取扱分)
・市県民税
・固定資産税・都市計画税(単有・共有名義[○○外○名]、代表相続人など、納税義務者は別人扱いとなりますので、それぞれに手続きが必要です。)
・軽自動車税(種別割)(車両指定はできません。)
・国民健康保険税(世帯主課税のため、世帯主名での手続きが必要です。)
・介護保険料
・後期高齢者医療保険料

申込先(各金融機関の本店・各支店):足利銀行、栃木銀行、大田原信用金庫、白河信用金庫、烏山信用金庫、那須信用組合、那須野農業協同組合、ゆうちょ銀行(郵便局)
持ち物:
・納税通知書(納税義務者名を正確に記入するため)
・口座振替をする預貯金通帳
・通帳届出印
申込方法:「大田原市公金口座振替依頼書兼解約届(自動払込利用申込書兼廃止届書)」に必要事項を記入し、届出印を押して各金融機関に提出してください。
振替の開始:申し込みから振替開始まで40~50日程度かかります。金融機関にお申し込みいただき、市の登録手続きが完了すると、「口座振替開始通知書」(はがき)が届きます。
注意事項:
・広報おおたわら4月号掲載の「市税等納期限一覧」に記載のない期別や納期限を過ぎたものは、口座振替できません。
・残高不足で振替処理ができなかった時は、「口座再振替通知書」を送付し、約2週間後の15日を目安に再振替を行います。

問合せ:収納対策課 本庁舎(新庁舎)2階
【電話】23-8639

■令和3(2021)年度は固定資産税の評価替えの年です
◇評価替えとは
土地と家屋における固定資産税を3年ごとに見直す制度を「評価替え」といいます。本来なら、毎年評価替えを行い「適正な時価」をもとに課税を行うことが納税者間における税負担の公平性に繋がりますが、膨大な量の土地、家屋について毎年度評価を見直すことは実務的に不可能であることなどから、原則として3年間価格を据え置くこととなっています。

◇土地の評価替え
土地の評価は、総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づき、地目別に定められた評価方法によって評価します。
(1)地目
地目は、田・畑・宅地・池沼・山林・原野・鉱泉地・牧場・雑種地があります。これは登記上の地目にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目で評価します。
(2)地積(面積)
原則として登記簿に記載されている地積になります。
(3)価格(評価額)
評価は、売買実例価額を基とした正常売買価格を基礎として求めます。

◇家屋の評価替え
令和3年1月1日までに建築された家屋の再建築価格(総務省で定めた基準による建築費)に「建築物価の変動割合」と「経年減点補正率」を反映して、評価額を見直します。
(1)建築物価の変動割合
平成30年度と令和3年度の建築物価の変動を比べた指数です。
(2)経年減点補正率
経過年数を評価額に反映するもので、評価替えのたびに数値は低くなります。家屋が存在する限りは使用価値があるため、最低数値0.2になった後は据え置かれます。最低数値になるまでの期間は、一般的な木造住宅では約25年、軽量鉄骨造の住宅では約30年です。評価額は増築、取り壊しなどがない限り、令和3年度~令和5年度の3年間据え置かれます。

問合せ:税務課 本庁舎(新庁舎)2階
資産税土地係【電話】23-8726
資産税家屋係【電話】23-8864

■家屋を新築・増築・取り壊した時は現地調査を行います
・新築・増築の場合は、担当職員が各戸を訪問し、調査依頼通知を渡します。不在の場合は、通知を置いていきます。
・取り壊した家屋は、次年度から課税されませんので、ご連絡ください。
・登記されていない家屋の売買や相続・贈与などをされた方は「未登記家屋の所有者変更届」を下記へご提出ください。
・家屋に対する固定資産税は、毎年1月1日現在の状況に基づいて課税されます。住宅や店舗などの建物はもちろん、物置や車庫なども土地への定着性(基礎など)、外気分断性(屋根や3面以上の外壁など)、用途性(使用目的による)の要件を満たせば課税の対象となります。
例えば、ホームセンターで購入した物置も基礎の構造によっては課税対象となりますので、判断に迷う場合は事前にお問い合わせください。

問合せ:税務課 本庁舎(新庁舎)2階
【電話】23-8864

■申告相談会場一部変更のお知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市で例年開設している申告相談会の一部の会場について、スペースにゆとりのある会場へ変更します。
◇変更対象の会場
・金田南地区公民館(南金丸1870番地5)
・親園地区公民館(花園1973番地)
・佐久山地区公民館(佐久山2287番地1)

◇新しい会場
・湯津上庁舎(湯津上5番地1081)
※会場スケジュールの詳細は、広報おおたわら1月号でお知らせします。

問合せ:税務課 本庁舎(新庁舎)2階
【電話】23-8725

■令和2年分青色申告決算説明会の開催中止について
今般の新型コロナウイルス感染症の拡大防止および参加される皆さまの安全を考慮し、例年実施していた青色申告決算説明会については開催を中止します。
なお、令和2年分確定申告に関する各種情報については、国税庁ホームページにて随時掲載する予定ですのでご覧ください。

問合せ:大田原税務署
【電話】22-3115(代表)※自動音声案内の後[2]を押してください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU