ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

INFORMATION お知らせ 2

19/44

栃木県栃木市

■「歯と口の健康週間」フッ化物塗布
フッ化物塗布、歯科医師のミニ講話・歯科相談、歯科衛生士の歯みがき指導
※「りっぷるくん」「milkin(見る菌)」登場!お口のおもしろ検査をやってみよう(各100人程度)
※とち介がやってきます
日時:6月9日(日)9時~10時45分
場所:栃木市総合体育館(川原田町)
対象:小学1年生と保育園・幼稚園・認定こども園などの年長児
費用:無料
申込:対象の方には申込方法等を通知します。

問合せ:健康増進課
【電話】25-3512

■特殊詐欺対策電話機等購入費補助金
高齢者を狙った特殊詐欺に撃退の効果がある「特殊詐欺対策電話機」等を購入した方に購入費の一部を補助します。
補助対象となる「特殊詐欺対策電話機等」:次のいずれかの機能がある固定電話機や固定電話に接続して使用する機器で、購入後1年以内のもの
・警察等が提供する迷惑電話番号情報を用いて、振り込め詐欺に関する着信を自動で拒否する機能
・特殊詐欺対策として「この通話は詐欺対策で録音します。」などと自動で応答し、自動で録音する機能(自動応答録音装置機能)
対象:栃木市の住民基本台帳に登録されている65歳以上の方、又はその世帯員の方/市税に滞納がない方(世帯全員)
補助金額:購入費の2分の1(100円未満切捨)以内で上限5,000円
※1世帯1台で1回限り
申請方法:次の書類を用意のうえ、問合先または各総合支所市民生活課窓口へ。
購入した機器の領収書または領収書の写し(品名、品番、購入者氏名等が記載され、販売者の領収印が押印されているもの)/購入した機器の機能が確認できる書類(カタログまたは説明書の写し等)/印鑑/銀行等の口座番号がわかるもの(通帳等)
※申請方法や、補助対象の機器かどうかなどご不明な点は問合先へ。

問合せ:交通防犯課
【電話】21-2151

■5月11日(土)~20日(月)春の交通安全運動実施
「マナーアップ!あなたが主役です」をスローガンに交通安全意識の高揚を図り、交通事故のない安全で住みよい社会の実現を目指すため、交通安全運動を実施します。交通ルールを遵守し、交通事故「0」を目指しましょう!

問合せ:交通防犯課
【電話】21-2151

■栃木市自然環境等と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調和に関する条例に基づく許可制度
条例に基づき太陽光発電設備などを土砂災害警戒区域や河川区域、鳥獣保護区などの保全地区内において設置する場合には許可が必要となります。保全地区に該当するエリアや許可の手続きなどについては、お問合せいただくか、市ホームページをご覧ください。

問合せ:都市計画課
【電話】21-2444

■木造住宅の耐震補助制度をご利用ください
木造住宅の耐震化をより一層促進するため、木造住宅の耐震診断・耐震改修(耐震建替え)に要した費用の一部を助成します。
耐震診断:補助限度額3万円(耐震診断費用)
耐震改修:補助限度額100万円(耐震改修費用の2分の1以内)
補強計画策定及び耐震改修:補助限度額110万円(耐震改修費用の5分の4以内)
耐震建替え:補助限度額80万円(耐震改修費用相当分の2分の1以内)
補助対象:昭和56年5月以前に建てられた、賃貸を目的としない木造2階建て以下の住宅。耐震改修、耐震建替えについては2020年3月までに工事が完成見込みの方。
その他:補助金の交付決定前に契約を行ってしまうと補助の対象となりません。また、記載内容以外にも条件がありますので、申請前に事前相談をお願いします。

問合せ:建築課
【電話】21-2441

■国民生活基礎調査
6月と7月の2回に渡り国民生活基礎調査を実施します。4月中旬以降、県知事が発行する身分証を携帯した調査員が、対象地区のお宅に直接、調査のお願いに伺います。電話等で調査内容をお聞きすることはありません。ご協力をお願いします。

問合せ:栃木県健康増進課
【電話】028-623-3094

■住宅用火災警報器の設置状況アンケート
平成21年からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられ、もうすぐ10年が経過します。本市での設置率や維持管理状況を確認するために、5月1日(水)~25日(土)までの期間、消防職員が無作為に抽出した住宅へ直接出向き、5分程度の口頭によるアンケートを実施します。ご理解とご協力をお願いします。
※消防職員は消防車両で出向し、職員証を携帯しています。その際に消火器や住宅用火災警報器の販売をすることは一切ありません。

問合せ:消防本部予防課
【電話】22-0072

■児童手当の請求をお忘れなく
お子さんが生まれたときや、児童手当受給者が転入したときには、必ず児童手当の請求をしてください。出生届や転入届をしただけでは、児童手当は支給されません。4月27日(土)〜5月6日(月)のゴールデンウイークの間は、児童手当の手続きを受け付けておりませんので、請求期限にご注意ください。
請求期限:出生日・前住所地の転出予定日の翌日から起算して15日以内。15日目が閉庁日の場合は、直後の開庁日を15日目とします。
例)4月12日(金)から4月22日(月)にお子さんが生まれた場合の請求期限は、5月7日(火)
受付窓口:子育て支援課及び各総合支所市民生活課8時30分〜17時15分

問合せ:子育て支援課
【電話】21-2222

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階