文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康だより

10/38

栃木県那須塩原市

■発熱などの症状があるときは医療機関に電話で相談を
発熱などの症状がある場合に医療機関を受診するときは、必ずかかりつけ医や受診・相談センターに電話をして、受診方法の案内を受けてから受診しましょう。

○発熱などがあるときの受診方法
(1)かかりつけ医や医療機関に電話
受診する前に、かかりつけ医や地域の身近な医療機関に電話で相談をしましょう。どのように受診したらよいかを医療機関から案内します。

(2)受診・相談センターに電話
かかりつけ医や地域の身近な医療機関に連絡できない場合は、受診・相談センター(コールセンター)に連絡しましょう。相談者の住所近辺で受診可能な医療機関を案内します。

問い合わせ:受診・相談センター(24時間対応)
【電話】0570-052-092
※検査をするかどうかは、医師の判断になります。

問い合わせ:本庁舎新型コロナウイルス感染症対策室
【電話】0287-62-7197

■日常の中で感染リスクが高まる「5つの場面」に注意!
飲酒を伴う懇親会、大人数や長時間に及ぶ飲食、マスクなしでの会話など、日々の生活の中で感染リスクが高まる「5つの場面」に注意してください。

(1)飲酒を伴う懇親会など
・酔うと注意力が低下して大声になりやすくなります
・回し飲みや箸はしなどの共用をすると、さらに感染リスクが高まります

(2)大人数や長時間の飲食
・長時間に及ぶ飲食や接待を伴う飲食は、短時間の食事に比べて感染リスクが高まります
・大人数(例えば5人以上)の飲食では、大声になり飛沫(ひまつ)が飛びやすくなるため、感染リスクが高まります

(3)マスクなしでの会話
・マスクをしないで近距離で会話をすると、感染リスクが高まります
・車やバスの車内でも注意が必要です

(4)狭い空間での共同生活
・長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まります
・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されています

(5)居場所の切り替わり
・仕事での休憩時間に入ったときなど居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により感染リスクが高まることがあります
・休憩室や喫煙室、更衣室での感染が疑われる事例が確認されています

問い合わせ:本庁舎新型コロナウイルス感染症対策室
【電話】0287-62-7197

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU