ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

水害・土砂災害から身を守るために(2)

4/31

栃木県鹿沼市

■避難情報のポイントを確認しましょう

【point 1】市区町村から出される避難情報(警戒レベル)に注意しましょう

【point 2】安全な場所から移動する必要はありません
「避難」とは難を避けること、つまり安全を確保することです。災害発生時に安全な場所にいる場合は、避難場所に行く必要はありません。

【point 3】「安全な場所」「危険な場所」はハザードマップで確認
「防災マップandマニュアル」「鹿沼市浸水洪水ハザードマップ」などで、自分の家や避難可能な近隣の場所等がどのような土地にあるか確認してみましょう。また、本紙6ページの「避難行動判定フロー」で、いざというときの避難行動について確認してみましょう。

【point 4】危険な場所にいる人は警戒レベルに従って「避難」を!
・警戒レベル3で高齢者などは避難しましょう
・警戒レベル4で高齢者などに限らず全員が危険な場所から避難しましょう

【point 5】「警戒レベル5」は既に災害が発生している状況です
警戒レベル5が発令された時点でまだ避難できていない場合は、自宅内の少しでも安全な部屋や、近隣の安全な建物に移動するなど、命を守るための最善の行動をとってください。

**********
問合せ:危機管理課危機管理係
【電話】63-2158

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU