ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

水害・土砂災害から身を守るために(4)

6/31

栃木県鹿沼市

■水害・土砂災害時の避難場所を変更します
昨年10月の「令和元年東日本台風」の経験などから、以下の地区について、指定緊急避難場所を変更しました。

※ほかの地区でも、避難場所の見直しを進めています。

■避難所等での新型コロナウイルス感染リスクを下げるためには
避難所では、一箇所に人が集まるため、「3つの密(密閉・密集・密接)」が重なりやすく、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高くなると考えられます。親戚・知人の家などの安全な場所に避難することも考えてみましょう。
市では、感染症対策として、避難所での密集・密接を避けるためのスペースの確保、換気や衛生対策の徹底などに努めます。
災害から、そして新型コロナウイルスから身を守るためには、市民の皆さんの感染対策への協力が不可欠です。避難時には、下記の「避難するときの注意点」に留意してください。また、緊急時に持ち出せるよう、事前にマスクや体温計などをご準備ください。

□避難するときの注意点
1. 避難の際はマスクの着用などの感染防止対策をしましょう。
2. 発熱・せき・喉の痛み・倦怠感・息苦しさ・下痢などの症状がある人は、避難場所に到達したときに職員に申し出てください。
3. 避難場所では、小まめな手洗い、せきエチケットなど、基本的な感染対策を行いましょう。
4. ほかの避難者とできる限り距離をとるようにしましょう。
5. 定期的に体温を測り、少しでも体調の変化を感じた場合は、速やかに職員に申し出てください。
6. 避難する際には、食料、飲料等のほか、マスク(タオル等)、アルコール消毒液(ウェットティッシュ等)、体温計、石けんも持参してください。

**********
問合せ:危機管理課危機管理係
【電話】63-2158

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU