ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちのわだい

9/31

沖縄県うるま市

■2/2 受賞おめでとうございます

2月2日(土)に開催された、第14回うるま市生涯学習フェスティバル『ゆらてく祭り』開会式において、青少年特別賞、教育委員会表彰、社会教育優良団体・功労者表彰ならびに伊波メンサー織技能認定の授与式が行われました。

◆「市青少年特別賞表彰」
◆「うるま市教育委員会表彰」(団体)
◆「うるま市教育委員会表彰」(個人)
◆「市社会教育表彰」(優良団体)
◆「市社会教育表彰」(功労者)
◆「伊波メンサー織技能認定」(技能保持者)
◆「伊波メンサー織技能認定」(技能保持団体)

おめでとうございます。

■2/7『勝連城復活プロジェクト』地域イベントアワードで最優秀賞
地域イベントがつくり出す地域の魅力、つながり、活性化などが審査される『第4回笑顔あふれる地域イベントアワード(主催:子ども文化地域コーディネーター協会)』において、地域の子ども達が中心となり、世界遺産・勝連城跡の巨大な絵と光で彩るイベントを企画した「勝連城復活プロジェクト実行委員会」の取り組みが全国87自治体、120作品の中から見事、日本一となる最優秀賞を受賞しました。
同実行委員会の牧門司(まきじょうつかさ)南風原自治会長は「〝地域のために何ができるか〟を目的にやってきた。興味を持ってもらえるよう今後も考えていきたい」と目標を述べました。
島袋市長は「市では現在、勝連城跡周辺の公園整備を着々と進めているところであり、今回の日本一にあやかり、素晴らしい城跡公園になるよう整備していきたい」と述べ、受賞を喜びました。

■あなたも担げる!平安座島サングヮチャーに新たな神輿
平安座島で旧暦の3月3日から3日間行われる島最大の三月行事、サングヮチャー。今年から地域住民のアイディアを活かし、新たな取り組みとして、観光客用の神輿を作成することになりました。
神事用のタマンの本神輿は全長約4mで、例年彩橋中学校の生徒10名ほどが担いできました。以前から、観光客などが担いでみたいという要望がありましたが、神事用の神輿であるため断ってきた経緯があります。
平安座自治会の五嶋真智子(ごとうまちこ)会長は「行事をこなすだけにならず、いろいろなアイディアを基に新しい取り組みにもチャレンジしたい。住民が関心を持って平安座島を次世代につないでほしい」と期待を込めました。新調された観光客用の神輿は全長約3mで使用済みの横断幕を再利用し地域住民の手で制作した完全オリジナル。伝統と観光の共存から生まれた新たな試みです。
行事2日目となる4月8日に、2匹のタマンが地域を練り歩く。あなたも平安座の伝統行事に参加してみませんか―。

■2/6明明るい選挙啓発ポスター表彰式
県内の小中高生を対象に開催された「明るい選挙啓発ポスターコンクール」の市内受賞者の表彰式が、市役所で行われました。

■3/1勇気ある行動に感謝状消防協力者表彰
人命救助に貢献された植田浩一(うえだこういち)さん、前門進(まえじょうすすむ)さん、越來勇喜(ごえくゆうき)さんへ諸見里消防長から感謝状と記念品が贈呈されました。平成30年11月10日(土)、屋慶名港の船着き場から軽自動車が海へ転落、沈みかけた軽自動車の車内から三人で協力し、男性を救助しました。

■2/7未来を担う子ども達のために童話集「童話の花束」贈呈式
沖縄石油基地(株)(加戸一(かどはじめ)社長)より、子ども達の健全育成に役立ててほしいと、市内の小学校に通う3年生全児童らと、各学校図書館に、童話集『童話の花束』1,400冊の寄贈がありました。
「童話の花束」は、一般および小・中学生を対象に「心のふれあい」をテーマにオリジナルの童話を募集し、優秀な作品をまとめた童話集です。沖縄石油基地(株)からの寄贈は、今回で8回目となります。

■2/25学童部軟式野球新人大会田場スワローズ初優勝
1月に行われた中部北支部学童部軟式野球新人大会において、田場スワローズ(田場小)が、54チームの中から初優勝し、島袋市長と嘉手苅教育長に、喜び報告を行いました。
優勝した同チームは、7月に行われる高知県で行われる大会へ派遣されます。
金城新頼(きんじょうにらい)主将は「高知県の大会でも優勝を目指して頑張ります」と力強く決意表明をしていました。

■3/3球古武術最高位認定徳村賢昌(とくむらけんしょう)氏範士十段に認定
古武道徳身流総本部徳身館の徳村賢昌氏が、琉球古武術保存武道協会の最高位にあたる『範士十段』に認定されました。
徳村氏はアメリカやヨーロッパなどで古武道を指導し、約4千人以上の弟子を抱えています。
平敷屋公民館で行われた範士十段免状拝受祝賀会では、徳村氏による型『徳身ウェーク』が披露され、77歳とは思えない力強い見事な演舞が披露されました。

■2/17うるま市を快走!!第27回おきなわマラソン
県総合運動公園を発着点に「第26回おきなわマラソン」が開催され、約1万3千人のランナーがうるま市を駆抜けました。
沿道の熱い声援が、多くのランナーの背中を後押ししました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階