ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

自宅で出来る介護予防 パート1運動編

12/38

沖縄県沖縄市

新型コロナウイルスの感染防止のために、家にいる期間が長く続くと、気力や体力が低下する危険性が高くなります。積極的に、生活の中に運動を取り入れていきましょう!
運動はウォーキング等の有酸素運動と筋力運動を組み合わせると効果的です。

気軽にできる運動にはこんなものがあります!
屋外で行う場合は、朝夕の涼しい時間帯に、密にならないよう注意して行いましょう。
・ラジオ体操
・ウォーキング
・椅子を使った運動やタオル体操

■ウォーキング
◇歩くスタイル
・歩きやすい服装
・帽子
・タオル
・シューズ
・飲み物(のどがかわいてなくても水分補給を!)

◇歩くポイント
・目線はやや遠くを見る
・かかとから着地
・肘を後ろに引く(猫背予防にもなります)
・親指のつけ根から蹴り出す
決して無理をせず、自分のペースで歩きましょう!

■立ってできる筋力運動
◇スクワット
(1)椅子に腰掛け両足を肩幅に開く。
(2)おへそを見るようにゆっくり立ち上がる。
(3)お尻をゆっくり椅子につける。
※5~10回程度
・足首と膝は同じ位置に

◇かかと上げ
(1)背筋をのばしテーブルをつかむ。
(2)ゆっくりかかとを上げる。
(3)ゆっくり下げる。
※5~10回程度
・ふくらはぎを意識する

※運動を続けるポイント!
カレンダーやスケジュール帳を利用し、運動をした日にチェックを入れましょう!

■活動量が低下すると…
図のように気力や体力が低下した状態を「フレイル」といいます。多くの人がフレイルの段階を経て、要介護状態になると考えられており、高齢者の健康づくりではフレイルの予防が重要です!
※図については、本紙またはPDF版からご確認願います。

※次回は~パート2口腔・栄養編~をご紹介します!

問合せ:介護保険課 地域支援担当
【電話】内線3091・3142

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU