ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康ワンポイント

18/26

滋賀県愛荘町

■クロスワードで学ぶ~歯のいろいろ~
▽タテのカギ
1.フッ化物を利用したむし歯予防方法。ブクブクうがいをします。
3.歯の間の食片などを取り除くための細い糸。
4.歯を支えている歯ぐきや骨におこる病気。
5.エックス線を用いている検査。
7.口の中のこと。
9.歯・口腔の健康づくりをサポートする専門職。
10.第三大臼歯。人によっては生えてこないこともある。

▽ヨコのカギ
2.歯ごたえのある食事で1口プラス10回噛む習慣をつけることを目的に行っている運動。“○○○○○○○○○運動”
6.むし歯の原因菌の1つ。
8.むし歯等になる前に事前に予防する歯科。
11.80歳で20本の歯を残そうという運動。
12.歯の治療を専門とする医者。
13.歯の周りに付着する白・淡黄色の泥状の物で、むし歯などの原因となるもの。

正解者の中から抽選で3名様に素敵な景品をプレゼントします!
応募資格:愛荘町に住所がある方(応募は1人1回まで)
応募方法:官製はがきに(1)氏名(2)年齢(3)住所(4)電話番号(4)クロスワードの答えをご記入の上、「〒520-1380愛荘町愛知川72番地愛荘町役場健康推進課」までお送りください。
※なお、景品については、当選者へ事前に連絡の上お届けいたします。
応募期間:令和2年5月20日(水)~令和2年6月12日(金)消印有効
クロスワードの正解は広報あいしょう6月号お知らせ版で発表します!

■豆知識
最近、噛まなくなったと思いませんか?誰でも気軽にいつでも取り組める健康づくりとして「噛むCOME(かむ)+10(プラステン)」を進めています。
よく噛むことでたくさんの効果があります。
詳しい内容は次回の広報6月号挟み込みの「健康あいしょう21(第4期)概要版」をご覧ください。
「1口プラス10回噛む」ことを習慣にしていきましょう!

問合せ:健康推進課(愛知川庁舎)
【電話】42-4887

■健康あいしょう21(第4期)計画(令和2~6年度)ができました
健康づくりの推進が一人ひとりの生活の質(QOL)の向上につながるという考えのもと、健康づくりに楽しく取り組み、継続することでみんなが輝き、健康づくりを通じて、人と人がつながり合えるまちをめざし、下記の基本理念を定めて取り組みます。全世代が気軽に取り組め、実践できる健康づくり運動を他機関・多職種、地域・職域の連携により、広げていきます。
広報あいしょう7月号とともに計画の概要版をお届けしますので、ぜひご覧いただき、ご自身の健康づくりにお役立てください。

▽基本理念
はじめよう 続けよう 楽しい健康づくり~みんなが輝き つながり合えるまち あいしょう~

▽基本方針
(1)住民一人ひとりの主体的な健康づくりの推進
(2)生涯を通じた健康づくりの推進
(3)手をつなぎ手を離さない健康づくりの推進

■がん患者のアピアランスケア支援事業助成金のご案内
愛荘町では、がん患者の皆さまの社会参加を応援し、療養生活の質がよりよいものになるよう、ウィッグ(かつら)や帽子の購入経費の一部を助成する事業を始めます。(令和2年4月1日~)

▽助成を受けることができる方
次の項目すべてに該当する方です。
・購入日および申請日時点で、愛荘町に住民票がある方
・抗がん剤治療等の副作用による脱毛症状に対処するために、ウィッグや帽子を購入した方で、現在がん治療を受けている方または過去にがん治療を受けていた方

▽助成対象経費
購入日から1年以内に申請した、以下の品目購入費用です。(令和2年4月1日以降購入が対象)
・ウィッグ(かつら)
・ウィッグ装着のためのネット
・帽子*手作りの材料費は対象外

▽助成金額
10,000円(購入額が1万円に満たない場合は、実際に購入した金額。千円未満切捨)
申請者は助成対象者1人につき、1回限りです。

▽申請方法
申請書に必要事項を記入して、領収書等のコピー、治療を証明する書類のコピーを添えて、申請してください。
申請に必要な書類:
・愛荘町がん患者のアピアランスケア支援事業助成金交付申請書
・ウィッグ等を購入したことがわかる領収書等のコピー
・治療を証明する書類のコピー(診療証明書、入院診療計画書、お薬手帳等)
*抗がん剤名称が記載されているなど、がん治療を受けていることが確認できるもの
申請期限:令和2年4月1日以降の購入日で、購入後1年以内のもの。

問合せ:健康推進課(愛知川庁舎)
【電話】42-4887

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU