文字サイズ
自治体の皆さまへ

人推協だより ほっと・あい 第178号

7/26

滋賀県愛荘町

■学校関係部会の取組
学校関係部会は、町内の保育園・幼稚園・小学校・中学校・愛知高等学校・愛知高等養護学校の全教職員で組織しています。本年度も、人権尊重の意識の高揚を図り、各校園の独自性と一貫性を生かした人権・同和教育の深化と広がりを求めるとともに、学力向上・進路指導の充実拡充および、家族・地域ぐるみの人権・同和教育の充実と広がりを求める実践に取り組んでいます。
しかし、今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、活動を制限せざるを得ませんでした。少人数での理事会は開催できたものの、例年多くの参加者のもと、実施してきた学びの場である「転任・新任教職員研修会」、「全員研修会」、「先進地研修会」は、密が避けられず、感染のリスクが高いこと、さらに、夏季休業の短縮等で日程の確保が難しいこと等で中止としました。
「授業研究会」「中学校区別全員研修会」は当初の予定通り町内4校園、2中学校区での実施としましたが、大幅に参加者を限定(3割参加、または各校園代表者のみ)しての実施としました。少人数ではありましたが、学びのある研修会となりました。
新型コロナウイルスの感染が広がりを見せる中、感染者への誹謗中傷、差別等が問題となりました。このような時期だからこそ問われる私たちの人権感覚、正しい認識を持って乗り越えていきたいとの思いから、今年度は各校園での日常的な取り組みをお願いすることとしました。

▽授業研究会(公開授業を通しての研修会)
授業提供校園:
・愛知川幼稚園(令和3年1月21日(木)に実施予定)
・秦荘東小学校(令和2年9月8日(火))肢体不自由特別支援学級の授業を参観。個に応じた指導のあり方、学ぶ意欲の持たせ方、信頼関係の築き方について学ぶことができました。
・愛知川小学校(令和2年11月5日(木))道徳の授業(2年生)を公開。温かい学級づくりを感じさせる道徳の授業の参観とともに、支援を必要とする子どもへの細かな配慮などを学ぶことができました。また、上田校長から指導助言をいただきました。
・秦荘中学校(令和2年11月2日(月))数学の授業(2年生)を公開。幾通りもの解き方を、生徒同士で確認したり教え合ったりする授業を参観しました。発言や挙手だけでなく、立ったり座ったりさせて理解度を把握しながらの授業に、一人ひとりの学びを保障することの大切さを学ぶことができました。

▽中学校区研修会(公開授業を通しての研修会および実践交流会)
秦荘中学校区:令和2年11月18日(水)秦荘西小学校
5校時の授業参観の後、校区の子どもを語る会として4つの分科会に分かれて協議を行いました。授業をもとに子どもたちの強み弱みを共有し、今後の指導の方向性を確認することができました。
愛知中学校区:令和2年10月20日(火)愛知川東小学校
5校時に授業参観の後、各校園代表者による子どもを語る会、そして、各校園の取り組みを、授業づくり、環境づくり、地域づくり、仲間づくりの4つの柱で交流しました。

※これらの取り組みは、記録集にまとめ、今年度の足跡として残していきます。

問合せ:愛荘町人権教育推進協議会(事務局)教育委員会生涯学習課内(秦荘庁舎)
【電話】37-8055【FAX】37-4192

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU