文字サイズ
自治体の皆さまへ

ぶんか情報発信中

12/34

滋賀県愛荘町

■壬申の乱1350年記念企画展(第38回企画展)万葉の光と闇-鈴木靖将絵画展-
大津市生まれの鈴木靖将(1944-)は、近江を代表する日本画家です。万葉集を題材に創作を行い、大津をはじめ、韓国や中国、フランス、ドイツ、アメリカ、セネガルなどで作品展を開催し、活躍してきました。
壬申の乱から1350年の今年、本展示では、万葉びとの世界に魅了され、憧れ続ける画家・鈴木靖将による、壬申の乱や万葉を題材とする作品を中心に紹介します。
また、最新作『大友皇子何処へ』も、本展示で発表します。
会期:9月17日(土)から10月23日(日)
会場:歴史文化博物館企画展示室
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月・火曜日(祝日は開館)
入館料:町内在住の方は無料
展示解説:10月23日(日)11:00~・14:00~

■ぐっさんのハッピーオンステージ全国50か所ツアーインチ愛荘
バラエティー番組、ドラマ、映画、ラジオ、ナレーション、アニメのアフレコなど、幅広く活躍中の『ぐっさん』が愛荘にやってくる!作詞、作曲を手掛けた楽曲の演奏、さらにトークやモノマネなど、多くの方に笑いを届けるハッピーオンステージをお楽しみに!
日時:12月17日(土)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
出演:山口智充
入場料:全席指定
・一般4,000円(税込)
・高校生以下2,000円(税込)
※当日各500円増(税込)
9/24(土)発売開始

■お待たせしました 好評販売中 愛荘むら芝居『愛智河架橋物語』
天保2年9月27日、愛知川に初めて恒常的な橋がつけられました。その架橋には、愛知川宿問屋役の成宮弥次右衛門をはじめ多くの人々が絡むドラマがありました。架橋190年を記念して、愛荘むら芝居一座が偉業を顕彰する演劇を上演します。
日時:12月10日(土)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
出演:愛荘むら芝居一座
入場料:全席自由500円(税込)

■子どもに夢と感動を!響け!輝け!!子どもたちから始まる愛荘のメロディー 愛荘町音楽祭2022
愛荘町少年少女合唱団、秦荘中学校吹奏楽部、愛知中学校吹奏楽部、愛知高校音楽部による音楽発表会♪
ご家族そろってお越しください!
日時:11月5日(土)14時から
場所:ハーティーセンター秦荘大ホール
入場料:全席自由無料

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急遽公演を延期・中止することがございます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU