ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなで支えあう国民健康保険 整骨院や接骨院(柔道整復師)のかかり方

15/35

滋賀県日野町

整骨院や接骨院では「柔道整復師」という資格を持つ方が施術をされます。柔道整復師は医師ではないため、病院や診療所での治療と同様に健康保険が使えるわけではありません。
整骨院や接骨院で被保険者証(国保)を使う場合は、一定の条件があります。被保険者証が使えない場合は、全額自己負担となりますので、十分な注意が必要です。

◆被保険者証が「使える」場合
骨折・脱臼の応急手当(それ以外は医師の同意が必要)、打撲・ねんざ(肉離れなど)の施術のとき。
骨折および脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。
《次のような施術は対象外です》
疲労性・慢性的な要因からくる肩こり、スポーツなどによる筋肉疲労、神経痛、リウマチ、関節炎、五十肩、ヘルニア等によるコリや痛み、脳疾患後遺症等の慢性病、仕事中や通勤途上に起きた負傷(労災保険の対象となる場合)等

◆施術をうけるときの注意
(1)負傷原因を正確に伝えましょう
整骨院や接骨院で施術(治療)を受けるときは、負傷の原因を正確にきちんと伝えましょう。
なお、交通事故による施術(治療)の場合は、住民課保険年金担当に連絡してください。
(2)施術が長期にわたる場合は、医師の診断を受けましょう
施術が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますので、医師の診断を受けましょう。
(3)療養費支給申請書の内容をよく確認しましょう
整骨院などで施術を受ける場合、療養費支給申請書へ署名しなければなりません。この申請書には、傷病名や施術内容、回数などが記載されていますので内容を確認してから署名しましょう。
(4)領収証は必ずもらいましょう
領収証は必ずもらって、保管しておき、医療費通知で金額・日数の確認をしてください。また、領収証は、医療費控除を受ける際にも必要です。大切に保管してください。

問い合わせ先:住民課 保険年金担当
【電話】0748-52-6584

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階