文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(2)

2/15

滋賀県栗東市

■滋賀県最低賃金改定
滋賀県最低賃金は、令和2年10月1日から1時間868円となります。県内の事業所に雇用されるすべての労働者に適用されます。

問合せ:滋賀労働局
【電話】522-6654

■栗東市勤労者福祉推進事業「教養講座」は中止します
例年、栗東駅東口ウィングプラザ内で開催している、栗東市勤労者福祉推進事業「教養講座」は、新型コロナウイルスの感染症拡大の状況を考慮し、今年度は中止します。

問合せ:商工観光労政課労政・就労推進係
【電話】551-0104【FAX】551-0148

■令和2年度第2回(11月)市営住宅入居募集
募集期間:11月2日(月)~11日(水)9:00~17:00
受付場所・問合せ:住宅課住宅係(市役所2階)
【電話】551-0347【FAX】552-7000
※申込みは、部屋ごと(重複申込は不可)、入居については資格要件があり、申込者によって必要書類が異なりますので、事前に募集案内と申込書を取りに来てください。

1.「公営住宅」(入居可能日・1月下旬以降)

(注1)高齢者同居世帯向住宅
(注2)身体障がい者同居世帯向住宅
資格要件:
(1)栗東市内に6か月以上の住所または勤務地がある
(2)市町村税などの滞納がない(入居予定者全員が対象)
(3)現に同居し、または同居しようとする親族がいる
(4)入居予定者全員の合計収入月額が原則158,000円以下
(5)現在住宅に困窮している(詳細は募集案内参照)
(6)申込者および同居人が暴力団員でない
※設備・住戸タイプ詳細はお問合せください。

2.「特定公共賃貸住宅」(入居可能日・1月下旬以降)

資格要件:
(1)現に自らが居住するための住宅を必要としている
(2)市町村税等の滞納がない(入居予定者全員が対象)
(3)現に同居し、または同居しようとする親族がある
(4)入居予定者全員の収入月額が原則158,000円以上、487,000円以下である
(5)申込者および同居人が暴力団員でない

■今年の特定健診、もう受診されましたか?
特定健診は、生活習慣病を予防するための大事な健診です。まだ受診していない人は、県内実施医療機関で11月30日までに受診しましょう。
持ち物:国民健康保険被保険者証、特定健診受診券、記入済み質問票、前年度の健診結果票(お持ちの人のみ)
自己負担金:無料
※受診券を紛失した場合は再発行しますので、下記までご連絡ください。
※11月30日までに受診できない人は、有効期限を12月31日に延長することができます。下記までご連絡ください。(ただし、11~12月は、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症の影響等により実施医療機関の混雑などが予想されますので、早期受診にご協力ください。)
※現在治療中の人や、医療機関で検査を受けている人も特定健診の対象者です。「治療中だから健診は不要」とお考えの人は、医療機関からの治療中データの提供にご協力ください。

問合せ:保険年金課国民健康保険係
【電話】551-1807【FAX】553-0250

■ご存じですか?行政相談委員~困ったら一人で悩まず行政相談~
行政相談委員は、皆さんの身近な相談相手として、国の事務に関する苦情などの相談を受け付け、助言や関係行政機関に対する通知などを行っています。相談は無料で、秘密は厳守されます。予約も不要です。
相談日:毎月10日・20日(土・日・祝日の場合は、次の平日)9:00~12:00
※毎月10日は、社会福祉協議会が実施する「心配ごと相談」と同時開催
場所:なごやかセンター相談室
10月20日(火)は市役所1階住民サロンで行います。(9:00~12:00)気軽にご利用ください。
行政相談委員:奥村眞成・鈎敦子・田中善行
インターネット相談:【URL】https://www.soumu.go.jp/hyouka/gyousei-form.html

問合せ:滋賀行政監視行政相談センター
【電話】523-1100

■赤い羽根共同募金運動
10月1日から全国一斉に「赤い羽根共同募金運動」が始まります。
市内の皆さんから寄せられました募金は「栗東のまちをよくする」ため、皆さんの身近なところでさまざまな分野で活用され、地域福祉活動を支える大きな力となります。

問合せ:栗東市共同募金委員会(栗東市社会福祉協議会内)
【電話】554-6125【FAX】554-6106

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU