ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

栗東歴史民俗博物館 9/22(日)トーク&8mm映像上映~聖火が栗東を走ったころ~

2/17

滋賀県栗東市

東京2020参画プログラム認証アクション(事業番号X0368402)
栗東歴史民俗博物館 9/22(日)トーク&8mm映像上映~聖火が栗東を走ったころ~
ご存じですか?栗東で聖火リレーがあったこと

■55年前、聖火リレーが栗東を駆け抜けた!
2020年東京オリンピック・パラリンピックがいよいよ近づいてきました。聖火リレーコースも概略が発表になり、栗東にも聖火リレーがやってくることが報じられました。
ところで、前回の東京オリンピックの際も、栗東で聖火がリレーされたことをご存じですか。
実は55年前、1964年にも、栗東で聖火リレーが行われました。このときの聖火リレーはアテネで採火された火を全国4つのルートでリレーし、最後に東京で集約、開会式で聖火台に点火する、というものでした。滋賀県は第2ルートに組み込まれ、京都府から受け取った聖火を60・5kmリレーし、三重県に受け渡しました。

■聖火ランナーは若者
この時の聖火リレーは中学生から20歳までの青年たちが全国津々浦々を走りました。
1964年の東京オリンピックは、1945年に太平洋戦争で日本が敗戦してから初めて迎える世界的なイベントでした。この大会を成功させ、名実ともに国際社会に復帰することが日本の念願だったのです。青年たちから聖火ランナーを選んだのは、新生日本を背負って立つ若者に聖火をリレーさせたい、という大会運営側の願いが込められていたのです。
栗東を含む滋賀県でも、県内の青年から聖火ランナーを選抜しています。特に正走者、副走者は運動で実績がある青年から選んでいます。また、随走者は担当する市町の実行委員会に一任されており、栗東唯一の中学校であった栗東中学校の生徒から男子40人、女子40人が選ばれました。

■栗東区間は4区間合計92人もの聖火ランナーがいた!
55年前の聖火リレーで、滋賀県内は43区間に分けられました。1区間は最長で1・9km、最短で1km、おおむね1~2kmの距離で設定されました。そのうち栗東が担当したのは、第17区から第20区の4区間です。
第17区は国道1号小柿から上鈎を経て旧東海道に入り、手原との境界あたりまで、第18区はそこから小野を通り六地蔵へ入ったあたりまで、第19区はそこから林を通過し、伊勢落の集落まで、第20区は伊勢落から市境を超えて石部までのコースです。
1区間を走る聖火リレー隊の構成は、聖火トーチを持つ正走者1人、その後ろに左右に分かれて副走者が2人続きます。副走者にはそれぞれ10人ずつ随走者が従います。合計23人からなる聖火リレー隊。4区間ある栗東では、合計92人の聖火ランナーが駆け抜けたことになります。

■トーク&8mm映像上映 聖火が栗東を走ったころ
1964年の聖火リレーの様子を、当時実際に走った方からお話をお聞きします。また、当日の様子を撮影したカラー8mm映像の上映を行います。ぜひお越しください。
日時:9月22日(日)14時~16時30分
場所:栗東歴史民俗博物館研修室
内容:
講演「聖火が栗東を走ったころ」講師/当館学芸員 大西稔子
8mm映像上映 滋賀県内第20区(伊勢落~石部)中継ポイント
トークタイム「聖火が栗東を走ったころ」おはなし/1964年の聖火ランナーの皆さん(栗東区間)
司会:中野栄美子さん
定員:80人(申込不要)
参加費:無料

問合せ:栗東歴史民俗博物館
【電話】554-2733【FAX】554-2755

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU