ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

やさしいにほんご Yasashii Nihongo Vol.5

13/61

滋賀県近江八幡市

■「やさしい日本語」を使うためのポイント

◆はっきりと言い切る
いるか、いらないか、良いか、悪いかを、はっきりと言いましょう。また、二重否定や、遠回しな表現は避けます。

例)
Aさん「このお菓子を食べますか?」
Bさん「大丈夫です」

・「大丈夫です」
→ 「はい、食べます」または「いいえ、食べません」

・喫煙は、ご遠慮ください
→ たばこは、吸わないでください

・小学生でも、参加できないわけではないです
→ 小学生でも、参加できます

◆日時を分かりやすく表現する
例)
・令和元年
→ 2019年

・8/15
→ 8月15日

・20時集合
→ 午後8時に、集まってください

◆リーフレットで12のポイントを紹介しています
「やさしい日本語」リーフレット(発行/(公財)近江八幡市国際協会)

本庁舎1階情報公開コーナーに置いているほか、国際協会ホームページからもダウンロードできます。
【URL】http://www.omihachiman-international.org

問合せ:まちづくり協働課
【電話】36-5552【FAX】36-5553

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU