ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

宇土人 VOL. 26

1/38

熊本県宇土市

■スポーツの楽しさを子どもたちに伝えたい

◇GARLEX花園ジュニアチーム監督
稲本 博久さん

【Profile】
いなもと・ひろひさ
平成9年7月28日生まれ22歳。3人姉弟の次男。立岡町出身。花園小学校,鶴城中学校,熊本農業高校,九州総合スポーツカレッジスポーツ健康学科サッカー専攻卒業後,熊本学園大学へ入学。熊本教員蹴友団所属。ポジションはMF(ボランチ)。尊敬する選手は長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト),趣味はサイクリング。

“好きこそ才能”をモットーに子どもたちにサッカーを教えている青年がいる。GARLEX花園ジュニアチーム監督の稲本博久さんだ。
稲本さんは3歳からサッカーを始め、高校卒業後、好きなサッカーを通じて本格的なスポーツビジネスを学ぶため、大分県の九州総合スポーツカレッジスポーツ健康学科サッカー専攻に入学した。
「午前はクラブ経営や指導方法などの講義を受け、午後はサッカーの練習に打ち込むというスポーツ漬けの毎日でした」と懐かしそうに語る。
在学中にサッカー公認指導者のC級ライセンスを取得したことがきっかけで、子どもたちにサッカーを通じてスポーツの楽しさを伝えたいと思い、卒業後に帰熊し、熊本学園大学社会福祉学部に入学した。
平成30年、部活動から社会体育へ移行されたGARLEX花園の監督を打診されたときは、クラブ存続の危機的状況であった。
「指導者不足のため、ほとんど練習ができていない状態だったが、地元のサッカークラブを失いたくないという思いから監督を引き受けた」と当時を振り返る。
「無料体験会や募集活動を行い、当時は20人だったメンバーが40人まで増えた。しかし、監督就任2年目で、指導者としてはまだ未熟であるため、子どもたちと一緒に成長していきたい」と希望に満ちた表情で語る。
「なかなか外で運動する機会が少ない子どもたちにスポーツの楽しさを知ってほしい。そのためには、まずは子どもたちが気軽にスポーツができる環境を作りたい」
稲本さんの夢と挑戦は、まだ始まったばかりだ。

■「宇土人」希望者を募集します
新しいことに挑戦している人,伝統を受け継いでいる人など,宇土で頑張っている人を募集します。本市在住であれば自薦・他薦は問いません。詳しくはまちづくり推進課までお問い合わせください。

問合せ:まちづくり推進課 情報支援係
【電話】22-1111(内線810・811)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU