ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

熱中症に気をつけましょう

20/25

石川県加賀市

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクを着用しての外出が増えています。マスク着用時は体内に熱がこもりやすくなり、マスク内の湿度が上がることで、のどの渇きに気づきづらくなる傾向があります。
また、外出自粛による運動不足から、熱中症リスクが高まっています。
例年以上に熱中症に注意をしながら、暑い時期を上手に乗り越えましょう。

■熱中症とは?
体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。
めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気などの症状があります。

■熱中症はどのようにして起こるの?
次の3つの要因により、熱中症を引き起こす可能性があります。
(1)環境
気温が高い、湿度が高い、閉め切った室内など
(2)からだ
高齢者、乳幼児、肥満、脱水状態、体調不良など
(3)行動
激しい運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況など

日常生活で注意することは?
(1)行動、住まい、衣服を工夫し、暑さを避けましょう。
(2)のどの渇きを感じる前に、こまめに水分を補給しましょう。
(3)暑くなり始め、急に暑くなる日、熱帯夜の翌日は特に注意しましょう。
(4)日頃から軽い運動などを行い汗をかく習慣を身につけて、暑さに備えた体づくりをしましょう。
(5)個人の体力や体調に合わせて活動しましょう。
(6)集団活動の場では暑さや体調に合わせてお互いに注意しましょう。
(7)屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。

問合せ:健康課
【電話】72-7866/72-7865

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU