ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

生ごみは水を切ってから排出を

12/30

神奈川県 座間市

生ごみを燃やすごみとして排出する際は水分をよく切ってから排出してください。燃やすごみに水分が含まれていると、ごみ袋の中で腐敗し悪臭がする他、焼却の際にもコストが掛かります。環境に優しい社会の実現のために次のことにご協力ください。

・水分を含んだ生ごみは三角コーナーなどを使用して十分に水を切る
・野菜の皮などは新聞紙の上などに置いて乾かしてから排出する
・お茶がらやティーバッグなどは水気を絞り乾かしてから排出する

また、市では生ごみを堆肥化する「電動式生ごみ処理機」や「生ごみ堆肥化容器」への購入補助制度を設けています。詳しくは担当へお問い合わせください。
・ジャガイモの皮、レタスの芯、ニンジンのへたなどを新聞紙の上で1日乾かしたところ、水分が抜け、約4割重量が軽くなりました。

担当:資源対策課
【電話】046-252-7985【FAX】046-252-7616

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU