ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

魅力いっぱい 市の友好交流自治体

6/24

神奈川県横浜市

■山梨県道志村
群馬県昭和村
道志村とは1897年に「横浜市の水源地」として、道志川からの取水を開始して以来、昭和村とは1972年に「赤城林間学園」の開設をきっかけとして、交流が始まりました。どちらの村でもお得な「横浜市民優待サービス」を実施しています。皆さんも、訪れてみませんか。

道志村、昭和村との友好・交流について
問合せ:政策局大都市制度推進課
【電話】045-671-4082
【FAX】045-663-6561

「横浜市自治体交流」で検索

■道志村
交流を重ねて100年
◇1916年に道志村の山林を市が購入し、水源林として管理・保全を始めてから2016年で100年という節目を迎えました。水を通じてさまざまな交流を進めています。

◇道志村アンテナショップ「道志情報館水カフェどうし」(保土ケ谷区宮田町1-4-11洪福寺松原商店街内10時~18時水曜休み)村の情報発信や横浜市との交流の歴史を店内で紹介するほか、特産品やクレソンを使ったジュースなども販売しています。

◇横浜市民向け優待サービス
・道志の湯を村民料金と同額で利用できます
・道志森のコテージ、民宿・旅館などの宿泊施設での割引サービス、キャンプ場利用料の割引(対象18歳以下)などを実施しています

■昭和村
四季折々に美しいやさい王国
昭和村は「こんにゃく芋」の生産量が日本一です。友好交流の取組として、毎年、横浜公園に昭和村産のこんにゃく芋を植え付けています。「日本で最も美しい村」として四季折々の風景を楽しめ、フォトコンテストなども行われています。

◇横浜市民向け優待サービス
・昭和の湯、昭和の森山荘、昭和村総合運動公園の多目的グラウンド、野球場、テニスコート、昭和の森ゴルフ場などの施設を村民料金と同額で利用できます

※横浜市民向け優待サービスは、予約が必要な施設があります。施設に優待サービス利用の旨を伝えて利用してください

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU