ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちかどGRAFFITI

12/30

福井県あわら市

■本陣飾り制作に挑戦!
9月4日(金)金津中学校
金津中学校の生徒たちが、本陣飾り「登龍門」を制作しました。手掛けたのは、2年生の生徒24人で金津祭保存会のメンバーらと協力し、作業を行いました。
地域の魅力を再発見したいとの思いから本陣飾り制作に挑戦したとのこと。さらに、この「登龍門」には、コロナ禍で大変な今を仲間と協力しながら、諦めずに必死に生きようという強い願いが込められています。

■ご寄贈ありがとうございます
9月5日(土)芦原中学校
芦原中学校の教育活動に役立ててほしいと、芦原中学校同窓会から集会用テント5張りを寄贈いただきました。松野信一校長は「卒業生の温かい気持ちに感謝します。これからも学校行事などで、大切に使わせていただきます」と感謝を述べていました。

■ミストシャワーで快適に
9月8日(火)金津小学校
高圧洗浄機を使ったミスト散布による熱中症対策が、行われました。福井大学の教授や学生らが、気化熱を利用した熱中症対策研究の一環で取り組んでおり、大学の学生らが市内の小学校でも実践したいとの思いで実現。担当教諭は「暑い日が続く中、非常に効果的。とても涼しくなる」と話していました。

■交通死亡事故0を達成!
9月23日(水)市役所、市内
1年間にわたり、交通死亡事故が発生していないことから、福井県警察本部から市に賛辞が贈られました。市では、早朝一斉街頭指導や交通指導員による夜間パトロールなどを実施しており、地域の人たちと協力しながら、交通安全に取り組んでいます。
あわら署の出村署長は「今後も、安全で安心なまちづくりを続けてもらいたい」と話していました。

■いつまでもお元気で
9月24日(木)市内
いつまでもお元気で今年度100歳を迎える市内の高齢者にお祝いを贈りました。対象となったのは20人で、そのうち大倉さんの元へ市長が訪問し、国からの祝状と銀杯、市からの祝状、記念品、お花を手渡しました。
佐々木市長が「これからも元気で過ごしてください」と声を掛けると、笑顔でうなずいていました。今年度100歳以上になる市民は26人で、最高齢は103歳です。

■開業に向けて新たな一歩
9月26日(土)市役所
「ビジネスホテル建設及び運営に関する協定」の締結式が行われました。ホテルは、有限会社桜町商事(潤観光開発株式会社グループ)がJR芦原温泉駅西口の「土地活用検討街区」に建設します。建物は8階建てで、客室数126室を備え、令和4年3月に完成予定です。
締結を終えた佐々木市長は「ホテルの参入で駅前は、さらに活性化していく」と期待を込めて話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU