文字サイズ
自治体の皆さまへ

フォトかわら版

11/28

福井県福井市

■福井の春を満喫!
3月26日から4月10日にかけて開催された「ふくい桜まつり」。足羽川河川敷をはじめとする桜の名所は、桜にまつわるさまざまなイベントで盛り上がりました。
中央公園では、「ふくい桜城下町五感で楽しむ!福井の魅力(れきし)」と題し、福井城址(じようし)の桜を見ながら福井の食や文化、歴史を体験できるイベントが行われました。
こま回しやだるま落とし、越前瓦の瓦割りが体験できる体験ブースが、子どもたちに大人気。かつて越前時代行列で使用していたかごや山車に乗れるコーナーでは、色鮮やかな着物を身に着けた人が代わる代わる写真を撮るなど、子どもから大人まで福井の春を楽しんでいました。

■春ららかによーいドン!
3月27日、「ふくい桜マラソントライアルラン2022」が行われました。
この大会は、2年後に開かれる「ふくい桜マラソン」のプレイベントとして県内3会場で開催され、福井会場では、県内外から833人が参加。ピンク色の大会Tシャツを着たランナーたちが福井城址周辺を駆け抜け、まちを桜色に染めました。
「フリーディスタンスの部」では、新型コロナ対策のため30分ごとに区切ってスタート。それぞれが目標とする距離を走る形式で行われました。東京五輪陸上男子マラソンで入賞した大迫傑(おおさこすぐる)さんや、ふくい県民応援チーム「FUKUIRAYS(フクイレイズ)」がスターターとして参加し、会場を盛り上げました。

■待ち遠しいネ!北陸新幹線福井開業
3月19日、北陸新幹線福井開業2年前イベントがハピテラスで行われました。
福井市イメージロゴキャラクター「福いいネ!くん」も登場した自治体のゆるキャラによるステージショー、子どもたちのダンスに加え、北陸3県のブランド牛の丼販売など、イベントが盛りだくさんの会場は、多くの家族連れでにぎわいました。
一番人気はミニ北陸新幹線「かがやき」の乗車体験。テラスに大きく敷かれたレールを走るアトラクションには長蛇の列ができ、車両にまたがった子どもたちは、笑顔で手を振っていました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU