ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康

4/26

福岡県八女市

■妊娠希望者の風しんの予防接種費用を助成します
妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしている等を主な症状とする病気です。風しんの予防にはワクチンの接種が効果的です。
対象者:抗体検査で抗体価が低い(※1)と判明した次のいずれかの人
(1)妊娠希望者
(2)妊娠希望者・妊婦(※2)の配偶者と家族(同居者)
(※1)助成対象の抗体価…Hi法で32倍未満、EIA法で8・0未満
(※2)抗体検査で抗体が低いと判定された人に限る
※(1)と(2)については次のいずれかに該当する場合は対象外です。
・今までに風しんの予防接種を2回以上受けている人
・過去に風しんに罹患したことが明らかである人
・(2)については、国の追加的風しん対策の対象者および予防接種法施行令第1条の3第1項の規定(1歳と小学校就学前の1年間における定期予防接種)による風しんの予防接種の対象者となっている人
対象期間:令和2年4月1日~令和3年3月31日の予防接種
助成金:上限1万円(一人1回に限る)
申請方法:医療機関で全額自己負担で接種した後に、早めに健康推進課へ申請してください。
※申請に必要な書類や対象者などは、市ホームページ等で確認してください。

問合せ:健康推進課
【電話】23・1201

■9月24日~9月30日は「結核予防週間」です
結核は昔の病気ではありません。今でも日本では年間約1万5千人以上の患者が発生し、約2千人が亡くなっています。

◇皆さんに知って頂きたいこと
(1)予防のため、規則正しい生活で免疫力を高め、乳児にはBCGを接種させましょう。
(2)早期発見のため、年に1回は胸のエックス線検査を受けましょう。
(3)咳・痰などの症状が2週間以上続く時は、早めに医療機関を受診しましょう。
(4)もし結核になっても、早めに薬を飲めば、ほとんどの人が治ります。

問合せ:県南筑後保健福祉環境事務所保健衛生課感染症係
【電話】0944・72・2812

■保健福祉環境事務所の受付時間が変わります
南筑後保健福祉環境事務所は、医療費助成申請の審査事務の迅速化を図るため、窓口の受付時間が変わります。
窓口受付時間:
(1)本庁舎(柳川総合庁舎1階) 疾病対策係 8時30分~16時30分
(2)分庁舎(八女総合庁舎1階) 疾病対策係 9時30分~11時30分、13時~15時
※八女分庁舎では、受付時間は担当職員が駐在していますが、それ以外の時間については次の問い合わせ先にご連絡ください。
医療費助成等:
(1)指定難病医療費助成
(2)肝炎治療費助成
(3)小児慢性特定疾病医療費助成
(4)原爆被爆者援護
実施時期:10月1日から変更

手続きに関する問合せ:南筑後保健福祉環境事務所 本庁舎(柳川市)健康増進課疾病対策係
【電話】0944・69・5405

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU