ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

小児・AYA世代がん患者の在宅療養を支援します

13/51

福岡県大野城市

小児・AYA(あや)(小児、思春期および若年成人)世代のがん患者が、住み慣れた自宅で自分らしく安心して生活を送ることができるよう、在宅サービスにかかる費用の一部を助成します。
対象者:次の全てに当てはまる人
・市内に住所を有する40歳未満
・がん患者(介護保険における特定疾病としてのがんの定義および診断基準に該当する)
・在宅での療養において、生活支援または介護が必要
・ほかの事業で、同様の助成を受けることができない
対象となるサービス:
・訪問介護
・福祉用具の貸与・購入(車いす、特殊寝台、床ずれ防止用具、腰掛便座、入浴補助用具 など)
助成内容:訪問介護、福祉用具貸与・購入に要するサービス利用料のうち、9割に相当する額の助成(1カ月当たり上限6万円、超えた部分は自費)
利用方法:申請書(申請先で配布)と主治医の意見書を提出。利用決定を受けた後にサービスを受け、その領収書を添えて助成の請求をしてください。(申請書などは、市のホームページからダウンロードできます。)

申請と問い合わせ先:すこやか長寿課健康長寿担当(すこやか交流プラザ内)
【電話】501-2222

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU