ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 「新しい生活様式」で文化芸術を楽しむ(1)

2/39

福岡県福岡市 クリエイティブ・コモンズ

『感動をつなごう』
新型コロナウイルスの影響によるイベントの開催制限等が緩和され、街はにぎわいを取り戻しつつあります。新しい生活様式を踏まえて公演を再開した、博多座と九州交響楽団を訪ねました。

■この街に根付いた文化を絶やさぬように
博多座
支配人 藤田洋一さん(53)
博多座では、2月の『市川海老蔵特別公演』2日目の夜の部から急遽公演が中止となり、それ以降、全ての公演の中止を余儀なくされました。再開できたのは、約半年後の9月に行われた『北島三郎ファミリーコンサート』からです。
博多座が開場した平成11年、歌手による座長公演を初めて行ったのが北島三郎さんでした。以来、「博多座といえばサブちゃん」といわれるほどお客様とのつながりも強く、ご本人も博多座を大切に思ってくださっています。そんなご縁から今回の上演が実現しました。座席の前後左右を空けた状態でしたが、それでも場内はお客様の笑顔と大きな拍手であふれました。やはり生の公演はいいものですね。なじみのお客様から「久しぶりやね」と笑顔で声を掛けてもらい、胸が熱くなりました。
舞台は、出演者が集まって稽古をする期間が必要なため、制限が緩和されたからといって、すぐに公演を実施できるわけではありません。それでも、10月の博多座文楽公演に続き、11月には11日~25日の『市川海老蔵特別公演』、30日の『立川志の輔・立川生志兄弟会』など、博多座に少しずつ日常が戻ってきつつあります。また来年は、元日から始まるミュージカル『ローマの休日』をはじめ、さまざまな公演も予定されています。
博多座の開場から21年、累計来場者数は1千万人を超えました。この街に根付いた、観劇の文化を絶やさぬよう、これからも素晴らしい演目をお届けしていきます。
感染対策を徹底し、皆さんのお越しをお待ちしています。

●十一月博多座 特別公演に寄せて
市川海老蔵さん
満席だった2月の『市川海老蔵特別公演』が途中で中止となり、お客様には本当に申し訳なく、私も大変悔いが残りました。
5月に予定していた十三代目市川團十郎白猿襲名が延期になり、今回再び海老蔵として博多座の舞台に立ちます。昼の部は2月にやり遂げられなかった『勧進帳』を、夜の部は『お祭り』など華やかな演目を、昼夜別の狂言で演じます。今、このような状況だからこそ、出演者一丸となって、お客様に喜んでいただける舞台をお届けしたいと思っています。

■ミュージカル『ローマの休日』
半世紀を超え、今もなお世界の映画ファンを魅了し続ける『ローマの休日』。
1998年に世界初の舞台化が日本で実現したミュージカルが、今回新キャストを迎え、装いも新たに生まれ変わります。
日時:来年1月1日(金・祝)~12日(火)
場所:博多座(博多区下川端町)
料金:A席14,500円、B席9,500円、C席5,000円※未就学児入場不可
観劇券は、11月28日(土)午前10時から博多座電話予約センター(【電話】263-5555)他で販売開始。ホームページ(【HP】「博多座」で検索)からも購入できます。
出演:※各役五十音順
朝夏まなと 土屋太鳳(アン王女・Wキャスト)
加藤和樹(新聞記者 ジョー・ブラッドレー)
太田基裕 藤森慎吾(カメラマン アーヴィング・Wキャスト) 他

▽プレゼント
『ローマの休日』のA席観劇券を抽選でペア5組に差し上げます。はがきに住所・氏名・年齢・電話番号と「最近幸せを感じたこと」を書いて、11月25日(必着)までに広報課「博多座」係(〒810-8620 市役所10階)へ。当選者には、12月1日ごろ直接観劇券をお送りします。※公演日は指定できません。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU