ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療保険料のお知らせ

15/51

福岡県那珂川市

■保険料について
7月中旬に、今年度の後期高齢者医療保険料額決定通知書を発送します。
令和元年中の所得金額と世帯(※)の状況を基に算定します。
県内どの地域でも同じ基準で算定され、加入者一人一人にかかります。
※「世帯」とは、令和2年4月1日時点の世帯(75歳になる人、県外からの転入者などはその時点)を基準にしています。

▼保険料の仕組み

▼保険料の軽減・減免

後期高齢者医療制度には、保険料の軽減措置や減免制度があります。詳細は問い合わせください。

○均等割額の軽減
所得要件を満たす場合に、均等割額55,687円が軽減されます。軽減割合は、7.75割・7割・5割・2割です。

○保険料の減免
災害や失業などにより保険料の納付が困難となった場合は、保険料が減免される場合があります。

○社会保険の被扶養者であった人の保険料の軽減

※社会保険とは、協会けんぽ(全国健康保険協会管掌保険)、組合管掌保険、船員保険、共済組合などのことです。国民健康保険・国民健康保険組合は該当しません。

■今年度の変更点
(1)保険料の年額が変わります
保険料は2年毎に見直されており、今年度が見直しの実施年度となっています。変更内容は下記のとおりです。

(2)所得が33万円以下などの人の保険料が変わります
所得が33万円以下などの人の均等割額の軽減は、世代間の負担の公平などを図る観点から、段階的に本則の7割軽減になるように見直されました。また、7割軽減の対象となる人(同世帯に住民税の課税者がいる人を除く)については、年金生活支援給付金や介護保険料の軽減強化などの支援策の対象となる場合があります。

(3)均等割額の軽減対象者が拡大されました

※1:基本的に総所得金額等と同じですが、公的年金等収入の場合、「公的年金等収入-公的年金等控除-15万円」となるなど、例外があります。

問合せ:市民課医療担当
【電話】953-2211  内線127

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU