ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

原発賠償QandA

5/17

福島県南相馬市

被災者支援課 弁護士(常駐)金子 宰慶(かねこ ただちか)

Q.南相馬市に自宅があるのですが、震災前に会社都合で福島県外に単身赴任となりました。私の精神的損害の請求は認められるでしょうか。

A.ADRに申し立てることで認められる場合があります。
平成29年6月まで月額3万円の精神的損害が認められたケースがあります(和解事例1664)。(1)生まれ育ちが小高区で(2)小高区内に自宅を保有しており、原発事故当時は妻子を自宅に残して単身赴任をしていた、(3)毎週末と長期休暇には小高区の自宅で生活をしていた、という事情があった方です。
原発事故後、自宅で暮らすことができなくなったことがポイントで、単身赴任時の生活状況により慰謝料額は変わると考えられます。

問合せ:被災者支援課
【電話】24-5337

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU