ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ワールドロボットサミット2020 福島大会開催(ロボット国際大会)

2/25

福島県南相馬市

令和2年にワールドロボットサミット2020が日本で開催されます。本市の福島ロボットテストフィールドは、その会場の一つに選ばれ、同年8月にインフラ・災害対応カテゴリーの競技が行われる予定です。福島ロボットテストフィールドを舞台に、世界のロボットがその性能を競い合います。
ワールドロボットサミットに南相馬生まれのロボットを出場させたいと、現在、市と(株)ゆめサポート南相馬、南相馬ロボット産業協議会が連携してクローラーロボットの製作に取り組んでいます。

◆ワールドロボットサミット(WRS)とは
経済産業省と新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)が主催するロボットの国際大会のことです。ロボットの活躍が期待されるさまざまな分野において、世界中から集結したチームがロボットの技術やアイデアを競う競技会ワールドロボットチャレンジと、ロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会ワールドロボットエキスポとで構成されています。

◆テクノアカデミー浜ロボコン部
テクノアカデミー浜のロボコン部は、在籍者数6人。製作したロボットで全国的な競技大会に参加するなど、活発に活動しています。現在は、会津大学が開発したクローラーロボットの組み立てと制御に取り組んでいます。
顧問の松本卓三先生は「ワールドロボットサミットは国際的なイベントであり、部員たちにとってロボット分野の最先端の技術に触れることのできる貴重な経験になるので、期待しています」と語りました。

◆小高産業技術高校ロボット研究部
小高産業技術高校のロボット研究部は、総勢15人。ワールドロボットサミットではロボットの操作を担当します。プレイステーション4のコントローラを使って操作するので、普段からゲームをしている生徒たちは上達が早いとのことです。
「高校生が活躍する姿を通して、難しいと思えることでも頑張れば報われる事を示したい」と顧問の安斎光一先生。「今後は、様々な分野で活躍する人材を一人でも多く輩出したい」と語りました。

問合せ:商工労政課
【電話】24-5264

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU