ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

中野地区復興産業拠点内 双葉町産業交流センターの起工式が行われました

5/43

福島県双葉町

■復興の要となるシンボル施設
4月16日、中野地区内において双葉町産業交流センター起工式が、町の主催で行われました。
起工式には国、県、町の関係者や工事関係者などが列席し、伊澤史朗町長が式辞で「産業交流センターは多様な主体のニーズをつなぎ、交流と賑わいを生み出す施設として計画しています。町に新たな賑わいを生み出し双葉町の復興の一助となること、また本工事の安全を祈願いたします」と述べました。
続く来賓祝辞では、浜田昌良復興副大臣、磯﨑仁彦経済産業副大臣兼原子力災害現地対策本部長、鈴木正晃県副知事、吉田栄光県議会議長、佐々木清一町議会議長より祝辞を賜りました。
同センターは県のアーカイブ拠点施設や、国や県が整備する復興祈念公園に隣接し、中野地区復興産業拠点における就業者や一時帰宅をする町民と、アーカイブ拠点施設、復興祈念公園への来訪者をつなぐ、復興の中核的拠点施設として整備されます。また双葉駅周辺の住む拠点や復興インターチェンジとを結ぶ復興シンボル軸の整備も行われています。
センターは地上4階建で、1階には会議室・土産物店・フードコート・コンビニエンスストア、2階には貸事務所・レストラン・休憩室が整備され、3階、4階の貸事務所フロアー上の屋上からは、町内の360度の展望を楽しむことができます。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開幕までに整備し、令和2年7月の開業を目標としています。

※詳しい地図は広報紙、HPをご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階