文字サイズ
自治体の皆さまへ

冬空を彩る光の共演―あつかし山ビッグツリー

6/32

福島県国見町

今回で29回目を迎えた年の瀬の恒例イベント「あつかし山ビッグツリー」の点灯式が12月19日、道の駅国見あつかしの郷で行われました。
午後5時、関係者が一斉に点灯スイッチを押すと、光の粒で縁取られた阿津賀志山のシルエットが浮かびあがりました。前日の積雪で真っ白に雪化粧した、標高289メートルの山頂にビックツリーが輝きました。点灯と同時に打ち上げられた約100発の色とりどりの花火が鮮やかに冬の夜空を彩ると、会場からは大きな歓声があがりました。
会場内では、商工会青年部の皆さんが子どもたちへクリスマスプレゼントを渡すなど、点灯式を盛り上げました。
1月5日まで、点灯した国見の冬の風物詩「あつかし山ビックツリー」は、町の皆さんや町を訪れた方たちを温かく見守り、町をやさしく照らしてくれました。
あつかし山ビッグツリーは、町建設業協会と管工事組合のみなさんの協力により設営されています。寒空の下での作業が、国見の冬の風物詩を支えます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU