文字サイズ
自治体の皆さまへ

柳津町の文化の日(2)

2/22

福島県柳津町

■令和2年度柳津町文化祭
11月3日(火・祝)、中央公民館(ふれあい館)を会場とし、文化協会各クラブや小中学生から多くの作品を出展していただき、開催しました。
今回、特別講演として、じょーもぴあ宮畑(福島市)から荒木隆学芸員をお迎えし、「縄文土器から会津の縄文時代を考える」と題し、石生前土偶の特徴と当時の文化の伝承についてわかりやすく説明していただきました。

■柳津は土がとても良いんです!
●地域おこし協力隊 我妻泉香隊員
教育課美術館班所属
出身:東京都港区

先日、地域おこし協力隊・我妻隊員の西会津国際芸術村(耶麻郡西会津町)へ展示する壺の火入れ作業を取材させていただきました。町内の山から採取した土はとても粗いので、手びねりでなければ作るのが難しいそうです。2時間ほど焼き、赤べこや力強い人々が赤で描かれた、“柳津土器”が完成しました。(※写真左上は焼く前の状態です)
我妻隊員は、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科陶磁専攻を卒業しました。渋谷ヒカリエ(東京都)での柳津町の風景や郷土料理をモチーフにした陶磁器作品の展示、美術館の広報・表示のデザインを手掛けるなど、美術を通して柳津町の魅力を伝える活動を行っています。また、放課後子ども教室では、町内の山から採取した土を使い、子ども達と「柳津土器」を作るワークショップ(※参加者が自主的に体験する講習会)を開催、多くの参加者があり、大変な賑わいとなりました。
柳津町は縄文土器が出土される文化的にとても重要な地域です。我妻隊員の活動を通し、幅広い年代の方々に、これまで以上に地域の文化的価値や魅力、資源の良さが広がることを願います。

●身近なものを伝統の技法で手作りしてみませんか?_伝統工芸教室参加者募集のお知らせ
▽しめ縄づくり教室
日時:令和2年12月15日(火)開催

▽ほうき(小)作り教室
日時:令和2年12月16日(水)開催

▽両日共通事項
時間:午前9時30分から午後4時
場所:ゆきげ館
定員:各教室10名
持参:はさみ(剪定ばさみ)またはナイフ(カッターナイフ)、昼食
参加費:500円(当日集金)
申込方法:令和2年12月11日(金)までに柳津町中央公民館へお申込ください。
(氏名・連絡先・申込教室を必ず報告してください。)

※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
※持ち物には必ず名前を記入してください。

問合せ:柳津町中央公民館
【電話】42-3511

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU