文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成30年度財政公表「ならは家の家計簿」(1)

5/24

福島県楢葉町

平成30年度の一般会計及び特別会計の決算が、9月に開かれた町議会定例会で承認されました。
決算は「家計簿」と同じで、町づくりの記録でもあります。昨年度、町が支出した約196億円。どのように使われたのかをお知らせします。

■一般会計決算の概要
平成30年度の決算額は、「会計別決算収支の状況」《表1》のとおりです。
会計=お財布と考えて下さい。現在、町では目的別に6つのお財布を持っています。町のお財布にはどこからどんなお金が入り、そして何に使われたのでしょうか。

《表1》会計別決算収支の状況 (単位:千円)

30年度は、町の復興を後押しするような施設の完成が目立ったね♪

◇平成30年度に実施した主な事業
事業名:屋内体育施設整備事業
〈決算額〉2,580,536千円

事業名:カントリーエレベーター施設整備事業
〈決算額〉2,574,820千円

事業名:商業施設整備事業
〈決算額〉1,384,275千円

事業名:ならは交流館整備事業
〈決算額〉571,669千円

事業名:産業再生エリア整備事業
〈決算額〉461,959千円

事業名:道の駅ならは災害復旧事業(温泉館)
〈決算額〉413,475千円

■町の財政状況分析
◇自主財源と依存財源
自主財源 < 依存財源 「自主財源」とは、町が自主的に収入できる町税や使用料、手数料などのことです。《表2》この自主財源の割合は49.5%(前年度比3.7%増)となりました。一方「依存財源」とは、使用用途がおおむね決められている国や県からの支出金、地方へ配分されている地方交付税などを表しています。楢葉町の天秤は、「依存財源」の方が重そうですが、「自主財源」も徐々に回復しており、おおむねバランスのとれた状態となりつつあります。震災に伴って発生した復興事業が少しずつ収束に向かい、補助金や交付税措置など、国や県に依存している財源が減少してきていることを示しています。 《表2》町税の状況 (単位:千円)

町がにぎわいを取り戻すにつれて、自主財源も回復してきているよ!!

次に、家計の安定性を見てみましょう。経常収支比率は78.8%(前年度比1.4%増)となり、公債費負担比率は2.1%(前年度比0.6%増)と、若干の硬直化が見られました。しかし財政力指数については0.85(前年度比0.01増)と、微増に転じた昨年同様、良好な状態にあります。財政健全化を判断する指標は基準値を下回り、現在のところ安定した状況を保っています。《表3》《表4》

◇財政指標でみる町の財政状況
《表3》(1)一般会計決算に基づく財政指標 (単位:%)

《表4》(2)財政健全化を判断する指標 (単位:千円・%)

※新指標による数値については、全て国の基準を下回り健全な財政運営が堅持されていると言えます。

◆用語の解説
○経常収支比率
財政構造の弾力性を表す比率。人件費、扶助費、公債費等の経常経費に町税、地方譲与税、各種交付金等の経常一般財源がどの程度充当されたかを見る指標です。

○公債費負担比率
公債費充当一般財源(地方債の元利償還金等の公債費に充当された一般財源)が一般財源総額に対し、どの程度の割合になっているかを示す指標であり、財政構造の弾力性を判断するものです。

○財政力指数
財政力の強さを表す指標。標準的な行政活動を行う経費に標準的な状態で徴収が見込まれる町税等の収入でどれだけ対応できるかを見るものです。

○実質赤字比率
普通会計を対象とした実質的な赤字の割合。
楢葉町では、黒字のため0%以下となります。

○連結実質赤字比率
全会計(一般会計のほか、公営企業会計以外の特別会計を含む。)を対象とした実質赤字の割合。
楢葉町では、全会計すべて黒字のため0%以下となります。

○実質公債費比率
総務省が平成17年度決算から導入した新しい財政指標で、自治体収入に対する借金返済額の比率を示すもの。従来の起債制限比率には反映されなかった、一般会計から特別会計への繰出金も含まれ、自治体の財政実態をより正確に把握できるものです。18%以上になると、新たに地方債を発行して借金をする際、財政運営の計画を立てて国や県の許可が必要となります。また、25%以上は単独事業の地方債が一部認められなくなり、起債制限団体となります。

○将来負担比率
普通会計が将来負担すべき実質的な負債の割合。将来負担となるものには、地方債残高、特別会計や広域圏・企業団の起債の償還に充てる普通会計からの繰入金、退職手当支給予定額など。
楢葉町では、充当可能財源があるため、0%以下となります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU