ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(4)

19/31

福島県相馬市

■住宅用太陽光発電システム設置費を補助します
市は、再生可能エネルギーである太陽光発電の導入を支援するため、住宅用太陽光発電システム設置費を補助します。
補助の対象となる太陽光発電システム:(全ての要件を満たすもの)
・住宅用であること
・未使用品であること
・既存の太陽光発電システムの全部または一部を入れ替えたもの、既存の太陽光発電システムに増設したものではないこと(平成28年5月1日以降にシステム設置に着手したものに適用)
・電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)第6条第2項の規定による認定を受けているシステムであるもの
・太陽電池モジュールの公称最大出力合計またはパワーコンディショナの定格出力合計が10キロワット未満であるもの
・太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、そのほか付属機器、設置工事に係る費用の合計が太陽電池の公称最大出力1キロワット当たり税抜き50万円以下であるもの
補助対象者:(全ての要件を満たす方)
・市内に住民票がある方
・市内に自らが所有し、住民票に記載された住所に存在する住宅にシステムを設置した方、またはシステムを設置した住宅を購入し引き渡しを受けた方
・電力会社と電灯契約および余剰電力の販売契約を結んだ方
・市税に滞納のない方
・この補助金を受けたことがない方
補助額:
・システム公称最大出力の1キロワット当たり3万円を乗じた額
・上限12万円(4キロワットまで補助)
受付期間:令和2年3月19日(木)まで
※今年度の予算額に達した時点で受け付け終了。
申請方法:
・太陽光発電システムの設置が完了した日(太陽光発電システムの電力需給開始日)から12カ月以内に、「相馬市住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付申請書」に必要書類を添付し、企画政策課へ提出ください。
申請書・添付書類:
・市ホームページからダウンロード、または企画政策課窓口で配布します。
関連サイト:
・県の補助制度【URL】http://fukushima-pv-hojo.org/

申請・問い合わせ先:企画政策課
(【電話】37-2132)

■平成30年度情報公開・個人情報保護制度実施状況をお知らせします
○情報公開条例に基づく開示請求の状況
・公文書開示請求件数 3件
対象公文書数:3件うち
(開示:1件、一部開示:1件、不開示:1件、不服申立:0件)
・任意的開示申出件数 7件
対象公文書数:9件うち
(開示:1件、一部開示:4件、取下げ:4件)

○個人情報保護条例に基づく開示請求の状況
・自己情報開示請求件数 4件
対象自己情報数:8件うち
(開示:4件、一部開示:4件)

※請求(申し出)件数が1件であっても、対象となる公文書および自己情報が複数の所管課などにわたる場合は、分割して集計しますので、請求件数と対象公文書の件数が一致しない場合があります。
※平成30年度に請求のあったものが集計対象となります。

情報の公開や個人情報の保護に関する事務は、「相馬市情報公開条例」「相馬市個人情報保護条例」に基づいて行っています。
市民の皆さんが、条例に基づき情報の開示請求をされる場合の順序は、次のとおりです。
(1)市政情報コーナーで所定の様式に必要事項を記入し、情報の公開を請求
(2)各担当課で請求内容を確認
(3)情報開示の可否について請求された方に通知
(4)情報開示文書の閲覧または写しの交付
◎詳しくは、市政情報コーナーまで相談ください。

問い合わせ先:市政情報コーナー
(企画政策課内【電話】37-2218)

■第40回青少年国際交流キャンプ参加者募集
富士山麓の自然豊かなキャンプ場で、全国から集まる仲間と共にさまざまな体験活動を通して友情を深めてみませんか。
日時:7月30日(火)~8月3日(土)4泊5日
場所:静岡県立朝霞野外活動センター
定員:80人
対象:小学3年生~小学6年生
内容:富士登山、テント生活体験、野外炊飯体験など
申込期限:7月5日(金)
参加費:発着地により異なります。詳細は下記に問い合わせください。

問い合わせ先:
・公益財団法人国際青少年研修協会
(【電話】03-6417-9721)
【HP】http://www.kskk.or.jp

■春の全国交通安全運動
5月11日から20日までの10日間は「2019年春の全国交通安全運動」期間です。
市は、全国交通安全運動に合わせ出動式を開催しますので、多くの方の参加をお待ちしています。
なお、期間中の運動の重点として、「子供と高齢者の交通事故防止」、「自転車の安全利用の推進」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」、「飲酒運転の根絶」を挙げ、普及啓発活動を実施します。
市民一人一人が交通安全について考え、行動し、悲惨な交通死亡事故を無くしましょう。
出動式日時:5月10日(金)10時
場所:市民会館

問い合わせ先:市交通対策協議会
(生活環境課【電話】37-2144)

■6月1日は人権擁護委員の日です
昭和24年6月1日に人権擁護委員法が施行されたことにより、法務省および全国人権擁護委員連合会は、同法が施行された日を記念して、特設人権相談所を開設します。
相談は無料で人権擁護委員が行い秘密は厳守します。人権に関する困りごとや悩みごとなど、気軽に相談ください。
日時:6月1日(土)10時~15時
場所:総合福祉センター(はまなす館)
電話相談:
・みんなの人権110番(【電話】0570-003-110)
・子どもの人権110番(【電話】0120-007-110)
・女性の人権ホットライン(【電話】0570-070-810)

問い合わせ先:福島地方法務局相馬支局
(【電話】36-3413)

■防災行政無線で情報伝達訓練を実施します
この訓練は、全国瞬時警報システム(Jアラート)からの情報が防災行政無線で正常に受信できるか確認するために行うもので、本市以外にも全国で同様の情報伝達訓練が一斉に行われます。
実施日時:5月15日(水)11時ころ
実施内容:市内に設置してあるすべての防災行政無線から一斉に、次の内容が放送されます。
放送内容:
(1)上りチャイム音
(2)「これは、Jアラートのテストです。」(3回繰り返し放送されます)
(3)「こちらは、防災そうま広報です」
(4)下りチャイム音
※Jアラートとは、地震・津波や弾道ミサイル発射などの緊急情報を、国から人工衛星などを通じて瞬時に伝えるシステムです。

問い合わせ先:地域防災対策室
(【電話】37-2121)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU