文字サイズ
自治体の皆さまへ

ゆめかなエール

11/21

福島県

■今回(こんかい)は警察官(けいさつかん)
子どもたちの“ゆめ”を、その道のスペシャリストが教えます。
今回は、福島市の佐久間(さくま)景台(けいた)さん(4歳)、磐梯(ばんだい)町の長沼(ながぬま)楓(かえで)さん(5歳)の“ゆめ”にエールをおくります。

▽START!
「カッコイイ警察官になりたい!」
アニメ映画(えいが)で主人公(しゅじんこう)が警察官として活躍(かつやく)している姿に憧(あこが)れた楓さんと、パトカーでパトロールしたいという景台さんがお仕事(しごと)体験(たいけん)をしました。

「女性警察官も増えています」
教えてくれるのは、福島警察署の深瀬(ふかせ)さんと今泉(いまいずみ)さん。

「必(かなら)ず右手を使うんだよ」
「肘(ひじ)もしっかり上げてね」
まずは敬礼(けいれい)のやり方を覚(おぼ)えよう。右手をこめかみの辺りにかざす敬礼は、警察官のあいさつに欠(か)かせないものです。

「憧れのパトカーに乗ってみよう!」
「いろんなスイッチがあるんだね!」
無線機(むせんき)を持って話してみたり、車の上の赤色灯(せきしょくとう)をつけてみたりしました。サイレンはとても大きな音でびっくりしたよ。

「そこの車、停(と)まってくださーい!」停止棒(ていしぼう)を使って車を誘導(ゆうどう)する交通整理(こうつうせいり)も大事なお仕事のひとつです。

「さすまたはちょっと重(おも)かった!」
「のびた!」
犯人(はんにん)を捕(つか)まえる時などに使う「さすまた」や警棒(けいぼう)、楯(たて)など、パトカーに乗せているものもさわってみました。

▽FINISH!
「パトカーに乗っていろんな操作(そうさ)ができて楽しかったです。警察官になる夢がますます大きくなりました!」
「キラキラした目で話を聞いてくれた2人。憧れの存在(そんざい)になれるよう、私たちも頑張ります!」

※取材協力…福島県警察本部、福島警察署

◎ゆめかなエールではみんなのゆめを募集中!詳しくは本紙11ページを見てね★

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU